2014年01月30日

出不精

まいど(-_-)ノ

前回のO阪遠征以来まったく出撃してまへん
(-_-)
当然書くような事もありまへん
(-_-)

こんなん、地蔵してるのと同じことやおまへんか〜
(-Д-)


他のナンパ師の方々がツイッターやブログで頻繁に活動報告してはるのをただぼんやりと読み、だらだら食って飲んで、随時わきたつ性欲のほうは、とりあえず“自家発電”で処理する日々でおま。

えらい空虚ですわ。

暇は、やたらとおまんねんけどなあ。
ニートやさかい。

きょうび…ええ仕事もなかなかすぐには見つからんよって。

そやけどなーんもしてへんでも、蓄えは確実に減っていくわけで。
なけなしの蓄えが。

それとは真逆に、体重は確実に増えておりまっさ
|( ̄3 ̄)|


こらあかん。

ナンパダイエットせんと!


ストでほうぼう、歩いて歩いて歩き倒したるさかいな。


莫山センセイやおまへんが、、、

これしかないわ!


明日こそ

メタボ、宇宙(そら)へ

I・KI・MA・SU!!
(`^´)>



posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 12:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

続・O阪南北物語

毎度!(`O´)>

先週に引き続き魔都・O阪に遠征してきたさかい、あんじょうボチボチ書きまっせ!


先ずは、梅Dの某パブにて同志AF氏とコンビ…の予定が、諸事情により中止に。

先にパブに乗り込んでいた私、さすがにソロで酒場ナンパするスキルも度胸も無いのでおとなしく退店。
予定をフレキシブルに変更し、いつか訪れる(はず)であろうアポの日の為に、使えそうな店などを下見する。

ついでに以前AF氏から教えてもらったナンパスポットにも赴き、あわよくばパーナンを、と目論んでいると、、、

来た!

ゆっくり歩く隙だらけのタゲ。

そそくさと尾行→追い越し→振り返り顔面チェック→微妙なスト4→迷う→


地蔵(-_-)


しかしさすがに大都会の週末、夜の九時を回っても人多く街は賑やかなままである。
美人率も田舎の比ではない。
いやがおうにもテンションUPしてしまう。


さてこの日は酒場ナンパの後AF氏とはひとまず散会し、猟場をS斎橋に移して同じくアラフォー会の同志「炎のウインナー」氏とクラナンをする二段構えのナンパスケジュールだったが、既述のとおり急遽酒場ナンパが取りやめとなったため予定より早く南下してウインナー氏との合流前に軽くストするべく当地の商店街を渉猟する。

---

関西屈指のナンパのメッカとあってナンパ師とおぼしき不審者やキャッチも数多く見受けられる。

しかしこれといったタゲが居らず、また、たまに居ても地蔵してしまい結局声かけ能わず。

その後ケータイの充電と休憩を兼ねロッテ○アへ。

そうしていよいよウインナー氏と落ちあう。

氏とは久々にして二回目の合流だがそこは志を同じくする者どうし、すぐに打ち解けてそのまま某クラブへ直行する。

ちなみに私にとって昨年末以来二度目の再訪となるこのクラブは、ウォーキング指南で名を馳せた某著名人が足繁く通っているということで(この日も入場待ちをする我々を横目に黒服に先導され華麗にスルー&イン)今後はここを彼の名を冠しデューク箱と呼ぶことにしたい。

さてこのデューク箱、年齢層が小鹿などに比べて高めで雰囲気もやや落ち着いている感があり音響もそれほどやかましく無いため我々のようにいい歳をした遊び人…いや生涯青春を謳歌したい自由人たちにとってはおあつらえ向きの漁場といえよう。

---

中に入ると、まだ混むには早い日付も変わらぬ時間とあって並ぶことなく直ぐにドリンクを手にすることができた。

早速ウインナー氏と健闘を誓い合って乾杯。メインフロアの1階へ杯を片手に降りる。

ところで今回コンビを組んだウ氏は私より年少だが貫禄とナンパ実績では数段格上であり、ゆえにナンパも彼の主導で進行して行った。


しばらく場内をぐるりと見まわり物色したあと目についたタゲにぼつぼつとアプローチしていく。


私自身の声かけは5回ほど。むろん相方はそれ以上に仕掛けていたとおもわれる。

そのうちウ氏とコンビで突撃した、ややお年を召されたご婦人二人組とはそれなりに和めたもののバンゲ連れ出しには至らず。


そして、未来が見え無さそうな雰囲気となったところで見切り別の箱に移動することに。

一部では“糞2”と呼ばれている、汚い(主に設備的に)と評判の箱だ。

---

到着。
灯りすら無いエントランスからして怪しさ全開・その前にタムロっているスタッフの態度もぞんざいである。

嫌な予感のなか入場すると、噂どおりうすぎたない雰囲気で清掃も行き届いておらずまた客層もよろしくない。ナンパのやり方もフィジカル的に荒っぽいものが目立つ。
場末のクラブといった感がある。
おそらく再訪は無いであろう。

声かけの方もさっぱりで、まったくテンションが上がらず無為な数時間に果ててしまった。
もっと早く見切って出るべきだったか…

しかし、そんな中したたかな相棒はちゃっかりチチモミをこなすなど柔軟に場に順応していたようで、そのことを勘案すると私が地蔵してしまったのはテンション云々もあろうがそれ以上にやはりスキル・メンタル両面の未熟さに拠るものが大きいとおもわれる。

おおいに反省し、今後の糧としたい。

---

退店後、電車はもう動き始めていたが少しコンビでストすることに。

だがやはり早朝(いっぽうこの時間帯こそ狩りの好機と豪語する猛者もいると聞くが)、これといった獲物は見つからず、独り歩くOBAチャンにシャレで二人交互に時間差声かけした程度でボウズに終わる。


そして解散。

暁光に染まりゆくビル群と淀川の水面を眺めながら、戦果は上げられなかったもののひとまず夜通し闘い続けたことに充実を覚えつつ心地よいまどろみのなか電車に揺られていった。

***

ウインナーさん、仕事帰りでお疲れのところ合流していただきまことにセンキューでした!

指名ナンパの際ビビって行けなかったりと、昨年以来成長した姿をみせるどころか散々ナサケナイ姿をお見せしてしまい(汗)足を引っ張ってしまってサーセン
m(__)m
教わったHMJナンパの極意たいへん勉強になりました◎
ご厚意に応えるべくぜひとも来週より活かしたいと思います!

AFさんも、状況が落ち着いたらまた一緒に出撃お願いします
m(._.)m
気晴らしにパーナンブチかましましょう!


以上、、、二週連続のO阪遠征となりましたが、できれば時間と財布の許す限り今後しばらく毎週末この魔都には通いたいと考えております。
それだけの価値は有り余るほどあると思いますので!

では股(・o・)ノ






posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 02:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

ナンパブログ考

おはようスパンク
(・o・)ノ

ド平日の朝っぱらからコーヒー片手にブログを書いてるニートです。

昨年限りで無職の身となり正月を迎え、以来求職の日々とはいえやはり時間と体力に余裕がありすぎて(なにしろ毎日が休日ですから)やたらとナンパの頻度もブログの更新ペースも仕事していた頃に比して上昇しております。

要するに

暇なんですね。

(-_-)

まあこれでいくらか不労所得でもあるならいささか気楽に居れるのですが、それも皆無ないま、僅かばかりの蓄えを切り崩さざるを得ず何とも憤懣やるかたない。

こころみにアフィリエイトでもやろうかしら、、、などと悪知恵のひとつも起きようというものです。

もっともそのためにはガツガツ勉強してブログやサイトもよりオープンなものを開設して訴求力を高め、読者・来訪者を増やす技術を磨くことに俄然注力せねばなりますまいが…
ワタクシそんなめんどくさい事まーったくやる気が起きまへーん
|( ̄3 ̄)|

それに嫌いなんですよ、アフィやらメルマガやらセコいゼニ稼ぎしてる人は。

好ましく思っていたナンパ師さんでも、講習とか教材売りで商売っ気を出してるのを知るともうその人には距離を置きたくなりますので。

でも
窮すれば人間なりふり構わなくなるもの。
実際自分が今後も、「額に汗して稼ぐ」ことを美徳として尊び続けられるのかどうかは分かりませんが、、、


閑話休題、今回はナンパ(からのゲット)を志すきっかけのようなものと影響を受けたブログの紹介などを少し。

これは拙ブログの第一回でも述べたのでなるべく重複しないように書きます。

きっかけのひとつは、とある有名ナンパブロガーの記事をたまたま見つけた事です。

その方とは「絶望男」ことムロウ氏。

もう何年も前からブログを書いておられますがその姿を実際に目にした人は寡聞にして知りません。

しかし関西、いやおそらく全国のナンパブロガーの多くはその名を知っているのではないでしょうか。彼のブログに寄せられる多数のコメントからそう推察します。

いわばナンパ界の謎の巨人ですね。
しかしながら、その記事はたいへん魅力に満ちているもののいっぽう肝心のナンパの腕前はといえば(氏の言葉を信じるならば)、声かけ数や出撃回数など相当なナンパ歴を重ねてきている割には片手にも満たないゲット数ということで自称「ショボ腕」とのこと。

これが逆に更なる魅力となって多くのファンを惹きつけているのだとおもわれます。

これは人づてに聞いたことですが、関西のいわゆる凄腕ナンパ師の方々の集会の中でもムロウ氏の人気と実力の大いなるギャップが話題になったといいますから、現在のナンパ界における氏の知名度はやはり相当なものなのでしょう。

ただ私が氏のブログをたちまちのうちに読み漁りすっかり触発されて自らもナンパをするべく行動開始した昨夏ごろ、我が指針となっていたそのブログの更新度が春からめっきり落ちていて、以来現在もいっこうに更新ペースが上がらずこのままフェードアウトしそうな様相を呈しておられるのが何とも寂しく残念なことではありますが…。

そんな中、氏のブログに私もたびたびコメントを投稿していたのですけれども、そこで同じく投稿されていた方々…いうなればコメント仲間と申しましょうか、その中の奇特な(失礼)方たちが私の存在に関心を持たれて拙ブログに立ち寄ってくださり、ありがたいことにコメントまでいただくようになりまして。

そこからお互いのブログを往来したりリアルに合流したりと、ムロウ氏つながりでナンパ仲間の輪が生まれた事は意外かつひじょうに嬉しいできごとでありました。

他にも幾多のナンパ師の方々のブログを勉強とモチベアップを兼ねて読ませていただいておりまして、その中でも特に感銘を受けたものを挙げますと…


○主に東京のクラブでのナンパに造詣の深い御子柴氏のブログ。

現在はもうナンパから身を引いておられるようで残念ではありますが、氏のクラナン経験及び技術の蓄積が惜しみなく披歴された記事にはおおいに賞賛と感謝の気持ちを抱いてます。
自らのナンパスキルを講習やメルマガ等で売り物にしている一部の抜け目ない人々と比してなんと清々しいことか。
リスペクトします。


個人的に、あまりに凝った・おちゃらけた内容の記事だとたとえそのブログの著者がどれほどの凄腕ナンパ師であろうと読んでいてしんどくなるので、基本マジメな文体でシンプルにレイアウトされたものが好きなため、畢竟、深くフォローするブログはかなり限られてきます。

よく、ネットで拾った画像や漫画のコマをやたらとむやみに貼って、せっかく文章はいいのに読みたくなくなるブログを見かけますが残念ですね。まことにMOTTAINAI。

まああくまで個人的な見解なので、そういうブログが好きな読者や著者に対する悪意・敵意は何ら無いことはつけ加えておきます。


…え?

偉そうに、じゃあアンタのしょ−もないブログのマジメならざる書きっぷりはどうなんだ、ですと?



知らんがな。


いや、言いわけじゃないですが、常にマジメに書こうとは意識してるんですよ。
根がマジメなんで!

いわゆる天の邪鬼なんですかね〜。


…すんません言いわけです
(._.)


余計なことを書きすぎました。
引き続き、よく読んでいるブログを挙げていきます。


○natto919あらため「いく蔵」氏のブログ。

先述した御子柴氏のブログで知りました。彼も東京の方ですが、決してワタクシ東京びいきではありません(むしろアンチです)。たまたまでしょう。
タイトルの「素直にナンパ」のとおり真摯な語り口で淡々と綴られているところが読んでいて心地いいです。

○どーてい男氏のブログ。

沖縄の方です。その名のとおりほんとにDTなのか、気になります。

○ナンパ推進大臣閣下のブログ。

関西では名の知られた方で、歳も近いので読んでいてインスパイアされるものがあります。
噂ではどっかのシャチョーさんだそうで、歳は近くとも収入には天地ほどの差がありそうですがー。

○えっちゅう氏のブログ。

関西きっての現役スト師の方。かつてナンパを始めて間もない頃恐れおおくも合流申請し(汗)快諾していただいたもののヘタレな私は怖気づいたのと日程が合わなかったのとで延期を申し入れ…未だにビビッて、ただ氏のブログを読むだけにとどまっております。
最近、アフィや講習をしていることを公言されておりそれが残念なところですが、それでも読む価値を感じるのでブログは依然拝読してます。


ほか、たまにチェックする程度では、著者名だけ列挙しますと、、、

ナリタツタ・ロマーリオ・ハイツ・ポン太・きゃりー各氏のブログ。
皆さん関西では高名な凄腕ナンパ師です。


最後に、我らがアラフォー会の同志・AF氏とUD氏のブログ。
リアルに合流もしているので読むと殊更励みになります。


ナンパしない日にはこれらのブログを読ませてもらって技術を学んだりモチベを上げたりして、もちろん全て無料ということで著者の方々には深く、ふかーく感謝することしきりであります。

これからも更新楽しみにしてますね〜

タダ読みですが!




















posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 13:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑感。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

逆ナン?

ちわわ(・o・)ノ

今日はナンパしませんでした。

でも職安にはちゃんと行きましたよ!
失業者の責務として。
まあ結果は安定のボウズでしたがー。
ナンパにおけるタゲ同様、いいジョブというもなかなかレアな存在なんですかね、、、


その帰り。

愛車(チャリ)で職安をいままさに出ようとした時、背後から声をかけられる。

振り返るとそこには絶世の美女
…ではなく冴えないスーツの男が。

すわ逆ナン!?(゜Д゜)
それもオスに(゜Д゜)
ワタクシれっきとしたノーマルなんですけど
(-_-)

男「すみませーん!」

俺 無視

男「待ってください!私、○×ワークスというもので云々」

俺 去る


察するに…どこぞの派遣会社の人集めか。

所詮はピンハネ産業ゆえ“人的資源”を確保せねば商売あがったりなのだろう。

リーマン以降派遣に対する嫌悪感が増した昨今、従来のようには人が集まらないという話も聞く。

しかし職安の出待ちとは、安易だがこの上なく理にかなった効率のいい策だとおもう。

とはいえ見知らぬオッサンにいきなり声をかけられるのは不愉快極まりない。

俺はふと連想した…ナンパされる女の気持ちもこんな感じなのだろうか、と。

そして、声をかけてもまず歯牙にもかけられぬと承知でこの寒空の下、出待ちする派遣会社員(推定)。

狙いこそ違えど、我々ナンパ師とやってることはたいして変わりのないようにおもえて、無視しながらも「頑張れよ」とつぶやきたい気持ちになった。

だが、中には呼び止められて話に応じる失業者も居るからこそああやって営業するのだろう。

ナンパも同じだ。

まず、声をかけても相手にはされない。

しかし、ごくまれに誘いを受け入れる女も確かに存在する。

だからこそ我々は今日もストに・クラブに・バーに、懲りずに出撃するのだ。


今後もめげることなくナンパを続けようとおもう。



posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

モチベーション

まいど〜

今回はモチベーションについてのおはなしだよ。

とはいっても別段、書くほどの内容でも無いのだが…

まあニートの暇にあかせた戯言ということで。

---

一月某日
この日も目につく仕事は見つからず。

ワタクシいちおうせっせと毎日職安通いはしているので、失業者としてはまだ勤勉なほうだろう。

「勤勉な失業者」

かなしき形容矛盾だは。

思えばかれこれひと月ほど仕事を・ゼニ儲けをしていない。

だのにナンパは間断なく続けている。

これは一種の天然記念物ではないか。

とすると、ヤンバルクイナやオオサンショウウオとワタクシ同列ということになる。

なんとなく光栄なような…
わけないわい
(-_-)

---

足取り重く職安を出た後ナンパするべく地元の田舎駅に向かう。

気が乗ればHMJまで赴くつもりだったが、運賃払ってまでわざわざ結果の出てない地方都市へ行く気がどうにも起きず、結局地元駅周辺を小一時間ほどうろついただけで声をかけることもなく帰途につく。

何人かタゲもいたのだが地蔵に果ててしまった。

巷間言われるようにナンパはモチベーションが必要不可欠なので、この日の私のように少しでもテンションが低空飛行だととてもではないが見知らぬ婦女子に声をかけるなどという破廉恥行為に出れはしない。

そんなときはさっさと諦めてお家に帰って屁こいて寝るのが賢明だ。

ともかく、数百円の切符代をドブに捨てずに済んだのはかしこい選択だったとおもう。


その浮いた数百円でディナーの材料を買う。

今夜のメニューはモヤシと豆腐、少々の豚肉だけの貧乏鍋。
ナンパ費用を捻出するためできるだけエンゲル係数は低く抑えねばならぬ。

今週末もO阪に遠征する予定なのでなおさらだ。


ひとり鍋をつつきながら声かけのシュミレーションを重ねるうちに夜は更けていった。




posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

O阪南北物語

まいどだすっぴゃ
(・o・)ノ

今回オラO阪さ行っただ。

ガタゴトガタゴト二時間近く電車さ揺られて向かう先はS斎橋の某クラブだべや。

駅に着いてホームにあふれる人波を目にした時、オラのテンションは早くも岩手山(急上昇の意)だすっぴゃあ!!

この人口密度!
この賑わい!
これぞ大都会!
ナンパのメッカ!!ビッチのるつぼ!!
(゜∀゜)ヒャッホウゥゥゥ
るんるんウゥ!
ア〜ッ、マンボッ!マンボ!
チャチャチャマンボッ!マンボ!

ハア〜〜〜
グッ!(^3^)b

たちまちココロはラテンのリズム!抑えきれないこの躍動、ではではさっそくパーナンかまして…と行きたいところだが残念ながら予定がありその時間まで寸暇すら無い。
しゃーなし行きかう都会のナウなチャンネーたちを視姦するにとどめて小走りに某箱を目指す。

その予定というのはいわゆる出会いパーティで、箱の通常営業前の時間を貸し切って催される点に興味がわき、むろんソロでは厳しいため我らがアラフォー会の特攻隊長ことAF氏に打診すると快諾してもらえたことで参加する運びとなったのだ。

---

先に入場していたAF氏と合流し主催者のテキトーな乾杯の後さっそくタゲあさりスタート!

が、、、

目ぼしい獲物がいねえべや
(+o+)

スト低・クラバー風・OBAちゃま・アニマル(!)etc…どれもどうにも我々の好みではない。
しかたなく、隅に縮こまっていた地味地味二人組を捕獲ししばしトークするもまったく楽しめず放流。
3時間のパーティだったが、ものの1時間ちょっとで見切って、余った時間をAF氏お気に入りのバーで過ごすことに決め梅Dへ移動する。
「過ごす」といっても主たる目的はナンパであることは言うまでも無い。

---

バーに入ると客入りもちょうどいい感じで、タゲもちらほら散見される。

これはパーナンしなきゃティムポの持ち腐れだすっぴゃ!
(゜∀゜)

ドリンクを手にした我々は目についたアパレル二人組を速攻ロックオン&先ず特攻隊長がアタック。
隊長の巧みなオープニングトークで掴みは上々だったのも束の間、ワタクシ得意の失言ミサイルでヒンシュクを買ってしまい早くも暗雲が立ち込めるもこれまた隊長の好フォローでリカバリー、終始彼のペースで引っ張って結果みごとにバンゲ!

もっとも戦果は隊長だけでしたが。。。

やはり、一度でもテキの地雷を踏んでしまうとその後も印象悪いままなんですかね
(T_T)

ヘタレなワタクシはこれですっかりモチベ減…しそうなところをAF氏にケツを叩かれ、満席のため所在なさげな・怖くなさそうな二人組にこわごわアプローチ。
「あの、よかったら席空いてるんで、連れもいるんで四人で飲みませんか?」

若干迷っている二人をぎこちなくも何とか説き伏せAF氏の待つテーブルへ。

どちらもスト4ナースコンビ。
今度は私も頑張って失言に細心の注意をはらいつつ大過なくトークを進めるうちに店内の混み様もMAXとなりAF氏が機を見て、別の店でゆっくり飲もうと誘うとOKの返事☆

久々にして通算二回目の連れ出しだべ!
(゜∀゜)

でも実際にはAF氏の誘い出しなので実績に入れていいのかどうか、、、

まあいいか!

とにかくも店を移し四人で飲み直す。

観察するに…テキのうちひとりはつまらなさそう。もうひとりはまあまあ反応よし。
一方こちらAF氏はスト低ということもありどうやらあまり乗り気ではないご様子。
たぶん私に連れ出し体験を積ませるために辛抱してくれているのであろう。
サーセンm(__)m

氏のご厚意を是が非でも活かしたいところだが、その後トークも盛り上がりを欠きキリのいいところで解散の運びに。

店を出てエレベーターを待っているその時、ええいままよと反応の良かった方にバンゲ打診!
速攻グダられる、、、
ならばとLINE打診!

それなら、とOKもらう。


(゜-゜)


(゜-゜)


(゜∀゜)

ウッホホーイ!!


わがパーナン人生初バンゲだ。
正確には、番号より価値で一段劣るLINEではあるが。
更にいえば、完ソロ・ストでのバンゲを第一目標としている身からするとそのどちらでもない案件ゆえ、もろ手を挙げて過剰に喜ぶのは今回は控えたい。

しかし嬉しかったのは事実であり、遥かO阪まで安くはない運賃払って遠征した労がようやっとねぎらわれた感がある。

そしてそれはもちろん、良き仲間のアシストがあったればこそ味わえた美酒であるので、今後もソロと並行しつつ合流ナンパも継続していこうとおもう。

AF特攻隊長殿、先日のSNMナンパに続いてのタッグ、まことにマンモスドテチンセンキューでした☆


ってあいかわらずネタが古いですがー。
いくらパーナン界のシーラカンス(これもまた古い)ことアラフォー会員とはいえ。

ナウでヤングな全国150万の読者のためにしばらくこーいうの封印します
(._.)













posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 13:45| Comment(6) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

ソロ、合流、コンビ

まいど(・o・)ノ

今日はテンションいまいち上がらん中、気合でアップするぞよ〜
こんな頑張り屋さんのオイラを誰か褒めてクリクリ☆

---

HMJでスト。
メインターゲットは会社帰りのOL。
ゆえに無論スーツ着用でっす!

午後5時20分、いざパーナン開始!!


…30分経過
めぼしいタゲおらず。


…1時間経過
何度か地蔵。


…2時間経過
地蔵が続く。。。


…8時
今日はダメですな(-_-)
帰ろう。

のはずが、

ライムさんと合流!
\(^o^)/

がぜんモチベUP☆

グイッと地味め二人組に突撃〜!


…撃沈\(^o^)/

まあ可愛くなかったし構わぬ、次行こう次!


これまたイマイチ二人組に特攻!


…玉砕\(^o^)/

まあ可愛くなかったし構わぬ、次や次!


だが

この日は以上で私はフェードイン
(-_-)

いっぽう剛腕ライムさんはソロでガンガン行きはる…!
(゜o゜)

強めのお水系にも清楚系OL風にもなりふり構わずぶっこむ!!

とても激務帰りで疲労困憊してるとは思えないアグレッシブさexclamation×2

それにひきかえこの俺は、ド暇ニートのくせに完全地蔵モード
(-_-)

あり余っているはずのエネルギーはまるで神隠しにあったかのよう
(-_-)


ダメだコリャ
byいかりやチョーさん


やはり、スト開始直後にダダーッといけなかったのが全てか、、、

二日間ナンパ我慢した結果がこれじゃあね…


父ちゃん情けなくって涙出てくらあ〜
by「あばれはっちゃく」

っていい加減ネタが古いっての
|( ̄3 ̄)|


ともあれ、今回は惨敗じゃ。

ようやく地蔵克服したと安堵してたらこのザマだ。

穴があったら入りたい気分だは
(._.)


明日はS斎橋でAFさんとパーティの予定…

リベンジしたいのう
(゜-゜)

バンゲしまくりたいのう〜
(゜〜゜)



posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

ナン禁二日目

んちゃ!でございます
m(__)m

失業ナンパ師ことオボッチャマンむぎでございます。


どこぞにええ仕事ねっがあ〜
(゜-゜)
めんこいオナゴはいねっが〜
(゜-゜)

てな感じで二兎を追うのは疲れますなあ。。。

今日も所用でパーナンできんかったし…

さすがに二日続けてまったくナンパしてないとメンタルがやられそうだは
(-"-)

これはオナ禁のつらさに通じるものがあるかな、、、

もっともここ数年オナをガマンしたことはありませんが!

なので夢精も長らくご無沙汰であります
(`^´)>

むせいならぬ
だな射せいならほぼ日課のようにこなしておりますけどー。


でも明日は出陣するもんね!
(`3´)フンだ


HMJかSNM、孤独にソロすっがあ…
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 20:25| Comment(6) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

ナンパの虫

んちゃ!だっちゃ
(・o・)ノ

今日はナンパせずにマジメモードだったむぎです。

しかしま〜なんですねえ(こえだ調)

ナンパしてないとそわそわするというか、なんだか一日がもったいないような気がしてなりません。

ただでさえ迫りくる老いの恐怖に焦りがつのっている近時、オスとしての賞味期限がまた一日ムダにすり減ってしまったようなこのイヤ〜な感覚、、、きっとナウなヤングにゃわかるまい
(-3-)フン

しゃーなし自宅にてネットで、モチベ&スキルアップの足しになればとナンパ関連のページをめくりめくりしつつ手製のスクリュードライバーなどを舐め舐めしております。

しかし、、、

ほんとうは酒ではなく、レイキーなチャンネーの肉体をこそ舐め舐めじゅるじゅるしたいものです。
( ̄¬ ̄)


っと…
つい酔った勢いでお下品に走ってしまいましたが。。。


明日も予定が詰まっておりパーナンかませるかどうか微妙なところです。

うずくナンパの虫を、酒の力で黙らせるべく今宵はまだまだ杯をすすめることにしましょう。



…でも最近ちょっと飲みすぎかも
(._.)
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合流&ちょいスト

ダンケシェーン(・o・)ノ

今回も、合流ネタ。
お相手はKさんとおっしゃる、インテリジェントなメガネがダンディーないわゆる理系男子です
(*^_^*)

---

まずはHMJのカフェにて初顔合わせ。
茶をシバキながら、なぜナンパなどという悪徳の道に良識あるオトナが足を踏み入れることになったのか・いままでのナンパ経験・好みのタイプ等々お決まりの質疑応答をやりとりした後、とりあえずストりましょうと街へ。


平日の夜…もはや会社や学校帰りの婦女子の影もまばらの刻で寒さもありナンパには適さないシチュエーションであったが小一時間我がナンパルートをそぞろ歩く。

ナンパ経験のあまり無いというKさんに、ショボ腕ながらいちおう現役ナンパ師を気取っている手前まずは声かけの現場を見てもらおうとOL風地味めスト4にアタック。

むぎ「お疲れ!会社帰り?」

スト4「えっ…い、いえ、学生です」

むぎ「え…(OLにしか見えんかったけど。老けとるのう)…ってことは大学生?」

老け顔スト4「はい」

むぎ「おれ仕事帰りでさあ、じゃあ、お酒は飲める感じ?」

老け顔「…」

むぎ「飲みに行こうよ!」

老け顔「いえ、帰ったらご飯あるんで」

むぎ「あっそ。んじゃ、さよなら。気をつけて」


…毎度安定の放流。

まあ、ひとまずKさんに現場をみせれたし、俺自身チャッチャと地蔵脱出できたのでよかろう。

---

その後もしばらく街をさまようがこれといった獲物も見つからずスト終了。そのまま解散となる。

Kさん、お仕事帰りでお疲れのところ合流していただきありがとうございました☆


解散後、ちょっとだけソロでスト。
が、タゲ少なく声かけ無し。
見切って21時前に帰途につく。

ちなみにこの日は面接帰りだったのでスーツを着ていた。

「会社帰りのOLを平日の夜スーツ姿でパーナンすべし」

我らがアラフォー会のAF特攻隊長と双壁をなす声かけマシーン=ウインナー氏の金言を、帰りの電車に揺られながら思い出していた。






posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

コンビのちトリオ

まいど(・o・)ノ

今回は、我らがアラフォー会の特攻隊長・AF氏との久々の合流スト及び突如として現れた謎のアラサーナンパ師と即席トリオを組んで、箱&街へジェットストリームアタックを仕掛けたというおはなしだよ☆


それでは…
アラフォーガチャポン世代、
I・KI・MA・SU!!

---

この日我らの決戦の舞台は、阪神間のア・バオア・クーことSNM。

意外なことに同志AF氏はストでこの地へ来るのは初めてだという。

いっぽう私にとってはここはHMJに次ぐ狩猟場ということで、僭越ながら案内役を務めさせていただくことに。

とはいえ、HMJでは地蔵を克服できたがSNMにおいては未だ声かけゼロが続いているので我ながら何とも頼りないナビゲーターではあるのだが…

なので今回はアラフォー会きっての声かけマシーンであるAF氏の猪突猛進ぶりを見させてもらうことで己を鼓舞し奮い立たせた勢いで地蔵を克服しようという、いささか他力本願な考えも持っていた。

---

自己流のナンパルートと、一般的に知られたナンパスポットをざっくり紹介しながらのストを開始したのはまだ陽も明るいティータイムすぎ。

途中、腹ごしらえのために某コーヒーチェーン店へ寄る。

店内で飲食しつつ昨年の学園祭以来久々のコンビということで互いに近況などを話していたところ、隣席に居たJDとおぼしき二人組にAF氏がおもむろに話しかける。常に臨戦態勢で獲物を捕獲するあたり、さすがである。

しかし喰いつきがよくなく、またありがちだが二人のうちひとりがBSだったこともあってあっさり放流。

ともあれ空腹を満たして再びストに繰り出す。

それからしばらく。

地蔵KINGの私は当然として、いっぽうのAF氏も声かけペースがなかなか上がらないことは予想外だった。

曰く、最近はもっぱら夜間での活動がメインだったので昼間のストにブランクを感じるのと、やはり初めての場所でのストは慣れていないぶん慎重になってしまうとのこと。

ん〜、そうなのか(゜o゜)

私なんぞよりはるかに格上のナンパ師であるAF氏ですらシチュエーションによっては地蔵ってしまうことがあるんですね
(゜-゜)

ならば!SNMを準ホームにしているワタクシがここは軽やかに先鞭をつけねばなりますまい。

いざ!
と、いつものウイスキー補給・酔拳発動。

あっそーれるんるん

飲めば飲むほど強くなる〜
p(`Д´)q



p(`Д´)q



p(-Д-)q


…強くならない(-_-)
地蔵じゃい(-_-)

いっぽうのAF氏は慎重にタゲを吟味しムダ撃ちを控えつつも間もなくファーストアタックを仕掛けて難なく地蔵クリア。
あっさり先を越されちまったい
|( ̄3 ̄)|
準ホームの名が泣くぜ…

---

そうこうしてるうちに陽も落ちてすっかり暗くなったところで某英国風パブへ。

ここはO阪にもチェーン店があって、そこをAF氏がいわゆるバーナンの拠点としており、一度SNM店も覗いてみたいということで偵察と休憩をかねての入店である。

時間がまだ早いこともあり混んで無く直ぐにテーブル席に座ることができた。

ふたり杯を傾けながら店内を物色するもいまいちなタゲばかりで食指が動かない。

すると、AF氏がこの日急遽合流を打診していたとあるナンパ師の方とこのままこの店で落ち合おうということになり、しばらくののち無事合流。

ペぺさんと名乗るこの方とは我々両者ともに今回が初の対面だったのだがそこは志を同じくする者どうし、直ぐに意気投合しトリオでクラナンに繰り出すことに。

目指すはSNM随一のチャラ箱・カモメだ。

---

しかしまだいい感じに箱が盛り上がるには夜が浅いというので時間つぶしに暫時スト。

ここでようやくワタクシがSNMにおける脱地蔵となる三人組への声かけ。

「ちょうど三人同士やし飲みに行こう!」

…ベタな誘いは当然のように玉砕する。

驚いたのはこのあと、自称初心者のペぺさんがその言葉とは裏腹に何ら臆することなくやや強めの三人組に逆三特攻を仕掛けたこと。

先日のライムさんに続き末恐ろしい新人がまたひとり現れたものである。

---

しばらくの後カモメ箱IN。

まだ全然混んでおらずダンスフロアに置かれたテーブルが隅に追いやられる気配すらない。

しかしちらほらとタゲは散見される。

我々は各々ドリンクを片手にまばらな店内をしばらく物色する。

やがて客足も増していき、まずは私とAF氏で背の高い二人組(スト4&スト6)にアタック。

スト6のほうはかなり私好みだったが残念ながらトークがはずまず放流。

するとこの後なんとペぺ氏がこのコンビに逆三を敢行
(゜o゜)ホヨヨー!

だいぶ粘ったようだが色よい返事はもらえなかった様子。

それにしてもたいした戦闘力である。負けてはおれぬ!

次は私とペぺ氏とでクラブ慣れした感じのペアルックコンビに突撃。

だが…このコンビ、さんざん思わせぶりな態度で我々をその気にさせ酒をおごらせると、もはやあんたらに用は無いとばかりにスルリと逃げて行った。かなりの喰わせ者である。

クラブにはこうしたあさましい輩も普通にいるらしいので、今後は極力してやられぬよう連中を判別できる目を速やかに養いたいものだ。

---

その後もチャンスをうかがい続けたが何だか未来も見え無さそうだったので箱を出る。

しかし解散するにはまだ早いということで猟場を求めて街をさまよい、ペぺ&AF氏の強者コンビが二軒目探し中の二人組にあと一歩のところまで追い詰める場面もあったようだが結局この日は全員これといった成果をあげることなく散会となった。



終わりに、、、
即席トリオながら終始和気あいあいと箱に・ストにナンパを楽しめたのはひとえにAF&ペぺ両氏の人徳と熱いハートのおかげだと思います。

酒乞食にカモられたり(笑)悔しい思いもしましたがそれら全てソロでは得られなかったであろう貴重な体験であり、あらためて合流の面白さを感じる一日となりました。

お二方、今回はマンモスセンキューでした!また次回お会いした際にはぜひともチョベリグなリベンジを共にメイクしましょう☆


さあキミも!合流ナンパで脱地蔵!!


現在アラフォー・アラサー・アラエッサッサー等、世代問わず合流申請受け付けておりますので、我こそは!という奇特な方はコメント欄に連絡可能なアドレスorURLを添えて送ってもらえると、うれピーかも
(*^o^*)






























posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

コンビdeナンパ☆

毎度(・o・)ノ

今回はコンビナンパのおはなしだよ☆

相方は、アラフォー会播州支部の大型ルーキー・ライムさん。

先日の初合流でも、持ち前のシャープな「鷹の目」で抜け目なく獲物を視野に捕える等、早々に高い潜在能力を垣間見せた今年の新人王候補です
(*^O^*)


戦場に選んだのは毎度おなじみ・播磨第一の都市HMJ。

会社&学校帰りの婦女子が出没し始める薄暮の刻にストSTART!

すると!
数分も経たぬうちにライムさんが電撃アプローチ
(゜Д゜)
やや強めのタゲ(ワタシはビビッていけないレベル)に果敢に声かけ。

結果は撃沈のようでしたが、のっけから地蔵をいともたやすく脱する姿はまさに驚異です。

その後も臆する様子など少しも見せず、トントンと声をかけていくライムさん。

まるで我らがアラフォー会の特攻隊長・AFさんと見まがうアグレッシブさであります
(゜o゜)

しかしこのままワタシも指をくわえているわけにはいかない!
相方に痛く触発されてスト開始30分経つか経たぬうちのファーストアタック。

結果は安定の

撃沈(+o+)

しかしながらソロならばおそらく地蔵してたことでしょう。やはりこれはコンビであればこそ成せるワザ…ブザマな姿は見せられないプレッシャー・ダメでも健闘をたたえ合い、励まし合える同志の存在。
多くの先人たちがコンビの効用を説くワケをこの日身に沁みて思い知ったのでした。

---

その後某牛丼屋にて暫時、エネルギー補給&休息した以外はひたすらストを続け、結果は―

ライムさん:声かけ11
ワタクシ:同5
で、共にボーズ
(+o+)(+o+)

でしたが、ライムさんは逆三でバンゲor連れ出しまであと一歩のところまで行く等剛腕ぶりを発揮し、ワタシも一日の声かけ数新記録(過去最高は3)を達成して、ボーズには終わったもののとにかく声をかけるというナンパにおける重要かつ最初のハードルをそれなりに乗り越えられた点は意義があったと思います。
殊に、ダブルスコア以上の大差をつけてヘタレなワタシを軽々凌駕したライムさんの勇猛さには脱帽するばかりであります
m(__)m

---

その後ライムさんは翌日お仕事ということで退陣され、明日はもちろん当面はずーっと休暇が続く失業中のワタクシ(汗)はHMJにとどまって終電をめどにソロを敢行することに。

何度か地蔵をかました後、朱色のストッキングがそそるタゲに声かけ。

「この辺にいい感じの和風なバーがあるって聞いたんですけどご存知ですか?」などとテキトーな道聞きからの飲み、に誘おうとするも脈無く放流。

その後も、もはや人影少ない時限のなか数人のタゲを目にするも

地蔵、地蔵、ZIZO
(-_-)(-_-)(-_-)

もはやストは困難とみて、事前に調べておいたHMJの数少ないクラブ・某シマウマ箱に向かう。
初のHMJでのクラナンだ。

22時の開店と同時に突撃、受付のチャンニーに客入り具合を訊く。

「まだオープン直後なので全然っす」

ならばいつごろ混み始めるのか訊くと、23〜0時ぐらいですかね…?などと自信なさげに言うのでとりあえずもうしばらくしてから入店することにする。

しかしHMJの上りの終電は早い。
出直して、受付君の言ったとおりいい感じに混んでおればそのまま終電後も居ついてクラナンに打ち興じ、そうでないなら早めに見切って帰途につく腹づもりで、コンビニに寄ったり閑古鳥の鳴く街中を徘徊したりしてしばし時間をつぶす。
無論、めぼしいタゲとシチュエーションに恵まれればパーナンかます用意はあったが果たせぬうちに23時まえとなり再びかの箱へ。

今度は入り具合を訊くことも無くまっすぐ入店する。
おおいなる不安とわずかばかりの期待を胸にエントランスをくぐり、ダンスフロア前のバーカンでZIMAをゲットしていよいよ“舞台”へと続く扉を開け中に踏み込むと
そこは

ギャランドゥ(`∀´)カラオケ

じゃなくて、


GA RA N DO U
(-Д-)

男性客が一人しらけて携帯いじりしているのみ。
そんななかDJが黙々とマワしているという、なんともシュールな光景である。

予想はしていたとはいえあまりの惨状に苦笑するほかしようがなく、終電も迫っていたのでさっさと酒を飲み干し退店・急ぎ足で駅に向かった。

---

無事、最後の新快速で地元駅に着く。
しかし直ぐには家路につかずに下り電車から降りてくる乗客の中にタゲを見出そうとしばし粘ってみるが特に何も無く帰途へ。


結局この日は6声かけの成果ゼロだ。

明日はAF特攻隊長と久々の合流が控えているので何とかバンゲなり連れ出しなりを達成して勢いをつけたかったのだが…力不足を痛感する。

仕方ない、AF氏のいつもの超攻撃的なパーナンに刺激を頂戴して明日はぜひとも何らかの成果を上げたいと思う。


ではでは、、、
末筆ではありますが、ライムさん、本日は貴重な休日を割いての合流センキューでした☆
次回また合流する際はお互いスキルアップした姿でお会いできるといいですね
(^o^)ノ











posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 03:01| Comment(6) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

スーツdeナンパ

毎度であります(`^´)>

今回はゆえあって滅多に着ないスーツ姿で出陣してきたであります
(`^´)>

ビシッとキメて気分はビジネスエリートであります
(`^´)>

---

わが庭・HMJ駅界隈にて仕事帰りのOLをメインターゲットに18時からパーナンスタート!

この日もメガ〇ャキとブラックニッカ小瓶でドーピング&酔拳の仕込みはバッチグー(死語)


何度か地蔵しつつも自分としてはわりかし早くスト開始から1時間以内に歩道橋を歩くニット帽に声かけ。

むぎ「すみませ〜ん」

ニット帽(スト5)「!?は、はい」

むぎ「HMJの方ですか?」

ニット帽「はあ…」

むぎ「ああよかった〜。実は僕、AKSから出張に来てて、せっかくなんでこっちで一杯飲もうかなと」

ニット帽「そうなんですか(歩調速まる)」

むぎ「ええ。それで、地元の方ならいい飲み屋知ってると思って。」

ニット帽「いや、急いでるんで(更にスピードアップ)」

むぎ「そうですか〜すみません」



にべもない。
しかしこれにて地蔵は脱出、次に繋げればよし、だ。

---

前回の日曜日とは違い、平日の夜ながらこの日はまあまあ可愛い子がぼちぼち目につく。
だが、、、

地蔵を連発(-_-)

尾行はするのだが最後の一歩をまたもや踏み出せない。

最初の声かけを済ませて心理的ブレーキは大幅に減衰しているはずなのだが。

少し考えた。

とりあえず地蔵という不名誉は免れたという事で安心ないし満足してしまっているのではないか。

もしそうなら何とも情けない。だらしないにもほどがあるというものだ。

自戒の念を込め、何度もトイレに入っては鏡を見ながらパンパン両頬を叩き気合を入れ直す。往時のヤワラちゃんが試合前にやっていたように。
同い年なのでなんだかふいにシンパシーを覚えてしまう。

そしてまた、テンション増を図り酒をあおる。

気がつけばブラックニッカの琥珀色の液体が半分以上無くなっていた。

そうまでしても声をかけられぬ。
酔えぬ…。

酔拳破れたり!である。

---

スト開始から3時間が過ぎようとする頃、諦念に駆られつつあるところに一息いれて気分を換えようと以前立ち寄った某英国風パブに向かう。
この店は3フロアに分かれていて、1階がパブ・3階がパーティスペース、今回は2階のワインバーに入店。禁煙というのがうれしい。

しかしワインは頼まず生ビールをチョイス。理由は、一番安かったから。
ワタクシむぎはその名のとおり麦酒好きなのだが葡萄酒も好物なのでおおいに迷ったものの失業中の今は僅かな額でも節約せねばならぬ。


平日かつ正月休み明けの閑散期ということで客も少なく、愛想のよい・怜悧そうな女性バーテンとゆっくり世間話しながら飲み、和んだ。

この店は女性同士で来る客も多いという噂があるので、次回は賑わうであろう週末の夜に再訪しようと思う。
むろん、パーナン目的で。

---

店をでるともう22時まえ。もはやこの街でナンパするには遅きに失している時刻である。

さきほど休憩がてら一杯飲んでいた時間を除くと約三時間半ストって声かけ1のボウズ…何たる惨状か。

諦めてさっさと帰途につくのがここは賢明なのはじゅうじゅう承知だが、せめてあと一矢ぐらい放ちたいと暫時の延長戦を選択する。


駅南口に張り込んでいたところ、オフィス街方面から暗がりをひとりこちらに歩いてくるOL風発見。

素知らぬ顔で接近しつつすれ違いざまにターン(&顔確認)からの並行トーク。

むぎ「(爽やか元気に)どもっお疲れっす!」

OL風(スト6)「(驚く)…!?」

むぎ「お仕事帰りですか」

すると、髪に隠れて見えなかったのだがOL風はヘッドフォンをしていて、わざわざ外し始める。

むぎ「あ、すみません(笑)お仕事帰りですか?」

OL風「(微笑)あ、はい」

むぎ「僕も仕事帰りで、今日出張でこっち来ててせっかくなんでさっきまで飲んでたんですよ」

OL風「そうなんですか」

むぎ「中途半端な時間だしこれから一杯どうですか」

OL風「あ、でも…」

むぎ「無理なら軽くお茶だけでもいいんで」

OL風「はあ、お茶…ん〜でももう友達と会うので」



嘘くさ〜(-Д-)

むぎ「そ、そうですか〜じゃあまあ、はあ」


…放流。

しかし今日の一人目のそっけない反応に比してさっきの子はずっとほほ笑みながら受け答えしてくれてかなり印象よかった。わざわざヘッドフォンまではずしてくれたし。

よく、ヘッドフォンしてる子は声をかけるなと聞くが、以前どこかでヘッドフォン娘に純粋に道聞きしたことがあってその時もちゃんと外して話をきいてくれ道も教えてくれたことを考えると、これはあまり気にすることはないのではないか。
ヘッドフォンしてなくてもガンシカする子はするものだ。

ただ、早歩きの子はスルーしたほうがいいというのはその通りだと思う。

いっぽう、可愛いけどパッと見怖そうな子などは勇気を出して行くべきだ。

とにかくあれこれ理由をつけて結局行かないのが一番けしからん。せっかくの機会がもったいない。

目が合って、これはと感じたら行く。
隙を見出したら行く。
いじれそうなら行ってシッカリいじる。

きょうはこれら全部のシチュエーションで地蔵コンプリートしてしまった。全部行ってれば10声はかけれていたはずだ。

それからもうひとつ、どうも辺りに人が居たり明るい場所だったりすると委縮してしまうところ。

尾行してると気付くのだが、ゆっくり歩いていても暗がりやひとけのない場所にさしかかると女性はおおむね歩調を速めるようだ。
無意識か意識してなのか警戒するのだろう。さもありなん。

逆にいうと明るく人の多い所なら警戒心も緩む。
ここを突かねば。

---

22時過ぎ、帰途につく。
あのままひと声かけだけで帰らなくて良かったと思う。
二人目の子の微笑になんだか救われたような気がしたから。

もっとも…たとえガンシカされていたとしてもそれで折れるような心ではゲットへの道は遠いだろう。
ガンガン行くナンパ師の中には無視されることに一種の快感を覚える者もいると聞く。
見習いたい。



〜今日の振り返り〜

@地蔵を脱することを目的にしてはならない。目指すところはゲットのみ。声かけ・連れ出し・バンゲ、これらすべてはそのための手段にすぎぬ。

Aいちいち言い訳を作って地蔵しない。少しでも行けると踏んだら突撃!玉砕おおいに結構。

B暗がり・人の少ない場所でなくても行けそうなタゲがいたら行く。衆人環視の中、ナンパする勇気を持つ。



しかし今年に入って一週間で4日も出陣しているのは我ながらどんだけ暇というかエネルギッシュというか、、、

まあ実際、仕事してないぶん確かに暇ですわ
(-3-)

なんぼ求職活動してるといっても一日中やるわけじゃなし。


早く職見つけて収入確保しておおいにナンパに打ち込みたいものです。






















posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 03:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

6時間ストマラソン

まーいど(-_-)ノ

正月連休最終日もストって締めくくり!そう気勢を上げていつもの白鷺城々下町HMJへ。

最近はずっと夕方以降に出陣していたが今回は陽の高いうちにスタートしてガッツリ声かけしようと目論んでいた。


現地に着いたのは午後2時20分。
バッグの中にはウイスキー、今日も酔拳やる気満々じゃ。

さあ〜〜〜

垢ぬけ切れぬ地方都市のイモ女どもを、ナウで小粋なシチーボーイの俺様がわざわざパーナンしてあげたるさかい、あんじょう番号教えさらせよ、お茶しさらせよ!!
…と、力の限り虚勢を張っていざスト開始。

が、

どういうわけかこの日は、人はそこそこ居るのだが可愛い子が全然見当たらない
(+o+)

声をかけたくなる=エッティしたいと思わせる水準に足らぬ物件のオンパレード。

一時間たって声かけゼロ。
決して地蔵のエクスキューズではなくて、ほんとに目ぼしいタゲが居ないのだ。

テンションも下がる一方なので対策としてメガシ○キを購入しグイと飲み干す。

…なんだかやる気が湧いてきた!気がする。


気を取り直してナンパ再開☆

しかし、、、

あいかわらずブチャイクばかり、かといって妥協はまだしたくない。
ひたすら我がパーナンゾーンを歩き回る。

---

スト開始から約4時間、ようやくこの日初めての声かけ。

JDスト5。
シカトでは無いものの終始こわばった表情で明らかにこちらを怖がっている様子である。
なんだか悪いことをしているような気まずさを感じつつも粘って連れ出しを図ってみたが、「ちょっと電話していいですか」とどこかに連絡し始めたため110番でもされるのでは、と不安になり速攻放流。

まあやむをえまい、時間はかかったがとりあえず地蔵は免れたわけだし。

その後ぽつぽつとそこそこキャワユイ子が現れ始める。

BUT…

ここでまたまた地蔵復活(-_-)

数度のチャンスをフイにした挙句、この日の二人目にアタックするも帰宅グダを崩せず。
というより崩す気が起きなかった。
パッと見はスト4だったのがよく見るとだいぶそれ以下だったので、、、

俺にだって選ぶ権利もプライドもあるのだ。
まったく、ガックリさせてくれおるわい
(-Д-)

---

それからさらに2時間近く渉猟したが結局アクションを起こせずじまい。

開始から6時間、ほぼ休むことなく歩き回ったせいか脚のあちこちに張りを生じ腰にも違和感が(苦)

それで収穫無しのボウズなのだからさすがにしんどい。


今日の教訓としては、だらだらとやみくもに長時間ストっても実りは少ない、ましてHMJのような小規模都市ならばなおさら、あらかじめ時間を決めておきダメなら切り上げるか他の町へ移動するべし。
集中力・体力的にもMAX3時間ぐらいにとどめておくべきであろう。

課題としては、粘ることはまずまずできたので、次はいかにスト値高めのタゲに臆せず声かけするか。
つい、可愛かったり隙がなさげだとビビッて地蔵してしまうので。

むしろそういう子にこそ果敢に仕掛けねば。



さて、明日からは仕事も始まることだし、どのみち長時間ナンパにいそしむ余裕も減るであろうから同じ轍を踏むおそれも少ないとは思う。

もっとも私の場合は目下無職の身ゆえ、就活の日々となって時間的余裕はいやがおうにも仕事に就いている人より多くはなろうけれども…

でもナンパは今後も絶え間なくやり続けるつもりなので、これまで以上に可能な限り節約に努めなければなりますまい。

期待していた年末ジャンボも外れちゃったので。

正しくは600円当選ですけどー。


というわけで、明日から職探しにも精を出す所存(`^´)>
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 00:19| Comment(4) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

合流!

チャオ〜(・o・)ノ

今回のおはなしは、同郷の某新人ナンパ師さんとの初合流についてだよ☆


その名をライムさんとおっしゃる彼は、我らがアラフォー会の筋肉担当ことUDさんに紹介していただいた方で、何度かメールでやり取りはしていたもののリアルにお会いするのは初めて。
メールの文章から察するにひじょうに紳士でかつバリバリ仕事をこなすエネルギッシュなお方とのイメージでしたが、実際その通りの、穏やかな物腰ながら豊かな人生経験に裏打ちされた懐の深さを兼備したジェントルマンでありました
(*^o^*)

当初は、軽くお茶しながらお互い自己紹介と今後の合流についての打ち合わせで終わるつもりだったのが、やはりそこは新米同士ながらナンパ師のはしくれ。話し込んでいくうちに(おそらく必然的に)芽生えたストへの衝動がやがて抑えられないほどに高まって、結果そのままコンビで出陣することに。

しかしミーティング場所は地元の田舎町・まだ夜も深まっても居ない時刻ながら人通りは乏しくターゲットを見つけるのも困難な状況です。

ぐるりとあたりを物色してまわって間もなく、あまりの人の少なさに、もう今日は諦めて帰りましょうかと話しているとライムさんの鋭い眼光がギラリ!
前方よりこちらに歩いてくる二人組を見逃さずロックオンです。ルーキーながら末恐ろしいポテンシャルを秘めたお方。

しかしながらわたくしめもこのままでは先日地蔵克服した経験が泣くと思い、声かけ役をライムさんに譲ってもらい勇んで突撃します。

「あけおめ!飲み帰り?」
…近くでみると垢ぬけないスト4コンビ(-Д-)

スト4隊「(苦笑)帰りです」

むぎ「俺らも飲み帰りで二軒目探しててさ、よかったらこれから一緒にどう?」

スト4隊「いや、帰るんでいいです」

むぎ「そっかー。んじゃバイバイ」

粘る気も起きず、ライムさんもタイプではなかったようであっさり放流。

だがこれですっかりモチベ復活した我々は時を置かずしてやや盛りを過ぎた二人組にササッと声かけ。

脈無くササッと放流。

その後もしばらくの間、閑散としたストリートを渉猟するももはや目ぼしいタゲも見当たらず解散。

ほんの短時間のちょいストだったものの、ここには書けないハプニングもあり内容的には密度の濃いコンビナンパでした。

やはりソロの時より格段に声かけに対する抵抗が無くなり、かつ二人組にもガンガン仕掛けていける等コンビの利点は巨大だと今回あらためて感じますね。
しかもこうして同郷に同志がいるとひじょうに心強い。ナンパ文化に乏しい田舎なのでその思いもひとしおであります。

---

解散後。
腹も減ったしまっすぐ帰るつもりの私の前に、ひとり携帯をいじりながら亀のごとくゆ〜っくり歩くタゲ出現。
すれ違い、しかし何のアクションも起こさずそのまま帰路を進んで数秒、気になって振り返ってみると亀の歩みはそのまま・全く急ぐ気配が無い。

これはと思い尾行し、直ぐに追いつき声かけ。

「こんばんは〜あけおめ☆もしか飲み会帰り?」

亀子(スト4)「(ニッコリ)バイト帰りです」

俺「そっか、お疲れ。おれ飲み会帰りでさ、二軒目探してるねん。ってかお姉さんお酒大丈夫な人?」

亀子「(微笑)ハタチです、ふふっ」

…笑うと女は可愛さアップだ。なので特別にスト5に格上げしてあげよう。

当然その後は飲みに誘うも、もう帰るのでグダ・ならお茶は?攻勢かけるも崩せず。
しかしこのスト5、終始、罪のないくすくす笑顔なので逆に面喰ってしまい、結局粘ることなくバイバイ。

この日はこれにてスト終了、その帰る道すがらさっきの予想外の好反応に、かつて似たような経験があったことを思い出す。

そう、あれはナンパを始めて間もない昨夏。
初めての声かけでお茶連れ出しに成功(バンゲはできず)した感触にとても近い気がする。

もしそうならば、もっと粘れば違う結果になっていたかも知れない…。

だが、もう後の祭り・やはりナンパは一期一会である。その時出来る限りの手段を尽くさねば。

すでに声かけは普通にできると思うし、誘いもかけられる。
後は、粘りだ。
そしてそのための臨機応変なトークの引き出しを増やすこと。それには数をこなすのが最良の方法だと思われる。
ゆえに、これからもガシガシ声かけしていきたい。



夢の初ゲット目指して、

さあキミも!ナンパで痩せよう☆ダイエット!!


ぜんぜんダイエットしてませんがー。



posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 01:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

ナンパ初め!

迎春だっちゃ(・o・)ノ

元旦に目一杯、英気を養い睡眠も十分・天気も良い今日。ナンパ師のはしくれとしてこれはもう、

パーナンするっきゃナイト〜(*^O^*)/

今年初ナンパだぜ、ナンパ初めだぜー!
胸は高鳴る
ときめきトゥナイト〜!(*^O^*)/

…と世代がバレる懐かし漫画を想起したところで本編突入でっす☆

ーーー

気合満々身なりを整え、今や我が主戦場となっているHMJへ着いたのは午後6時まえ。
昨年末のナンパ納めの時より人通りは少ないが十分にストれる雰囲気である。

さてナンパに先立ち金を崩す必要があったのでコンビニへ。

何か安めのものを探して目についたのが“正義の媚薬”リポD…その筋では高名な、某ナンパ推進大臣閣下がモチベアップに2本飲みを薦めている代物だ。

栄養ドリンク慣れしていないのでとりあえず1本、と思ったが他にも何かないか店内を見回ると、興味深いモノがあるではないか。
曰く、「カフェイン200ml含有」、更にほかにも聞き覚えのあるエナジー系の栄養素が加えられたヘンなコーヒー。
しかも200円のところを半額のたたき売り。察するに、おそらく珍奇すぎて売れていないのだろう。
しかしカフェインの量に限ると実にリポDの4倍ある。加えて50円安い。
迷うことなく購入。
そしてスト開始前に飲む。
ドーピングだ。
リポDの4倍ならばきっとモチベも4倍になっているはず!
俺のテンションはいつになく高ぶった。

更にこの日はもう一品、媚薬をバッグに忍ばせていた。

酒である。ウイスキーの小瓶。

前回、ある読者の方から酒の力を借りてはどうかとコメントをいただき、いわゆる酔拳だが、今回導入することにした。
もっとも以前からしばしば酔拳は用いていたものの、なるべくシラフで地蔵を克服したかったので当分は控えるつもりだったのだが、貴重な読者様からのせっかくのアドバイスをスルーするわけにはいかない。


さて強力なドーピングにより益々意気軒昂となったところでスト開始。

「そら、どこや、ワシの毒牙を浴びたがっている子羊どもは!さっさと出てきさらせ、おう!」
内心すでに獅子心王である。
今日の俺は違う…根拠のない自信に満ちていた。

ーーー

タゲを探し求め、もはや庭となっているHMJ駅周辺のナンパルートを闊歩すること1時間。

1時間が2時間。


…はて。

おかしい、、、

タゲが居ない?

この時、地蔵している自覚が無く真にそう思っていた。

そしてスト開始から2時間半を過ぎたころ、絶好のシチュエーションで待望のタゲに遭遇する。

人通りもまばらとなっていた地下街に、ひとりゆっくりめに歩く若い女…スト5はあるか。

すれ違った後意を決して踵を返し尾行する。

5m、、、3m、、、
よしもう一息で追いつく、、、


今だ!


……!


………。



行けない…



地 蔵 到 来(-_-)


その場から退散しつつ敗者は悟った。
「畜生!今日初めて地蔵してしまった!」
と同時に違和感を覚え、
「初めて?…いや、初めてじゃない、おもえばこれまでチャンスは何度もあった。そう、いつもよりハイになり無根拠な自信を得たことで認めたくなかったのだ…俺は今日も最初から地蔵状態だった!

このあと急激にモチベーションが下がったのは言うまでもない。

それに当初予定していたスト刻限の8時はとうに過ぎ、予想通り人影も減っていくいっぽうである。


あ〜あ。

またか。また、年明けから地蔵スタートかい。

やれやれ…

しんどー(-Д-)

ーーー

9時。駅周辺の商業施設も一部飲食店を除き閉店の時間である。

そろそろ帰ろう。

ようやく見切りをつけかけた俺の前に

出現!

隙だらけな雰囲気を醸しゆっくりと、閑散としたアーケードの下をそのタゲは歩いて行く。男・むぎ太郎、この機を逃がしてなるものか…!

尾行開始。いつもは必ず顔を確認してから追うのだがこの期においてそんなことにかまってはいられぬ。

すると柱の横でタゲが立ちどまりおもむろにケータイをいじり始める。

ええいままよ!突っ込むぞ!
腹を決めた俺の前に、すっと影がよぎる。

なんと、、、意外な闖入者よ。

小柄な俺よりさらに小柄なコート野郎が、何の許可も無く俺のタゲに話しかけだしたではないか!

バツが悪くなってその場から離脱しかけた俺の耳に、かすかに男の発したセリフがしみ込んでくる。

ベタの典型
「いま帰り?」

俺は確信した。コイツはショボ腕だ。

予想通りソデにされたのか、粘ることなくあっさりショボ男は去る。

その間、機をうかがっていた俺は貧しいナンパ知識の中から有用なテクニックである
「他の男にナンパ→放流されたタゲを更にナンパ」
を発動する!

記念すべきその第一声
「こんばんわ〜今誰かに声かけられてなかった?」
ここで初めてタゲの顔確認。

極めて地味なスト4
(-Д-)
後ろ姿はスト6やったのにな。。。
やはり事前に顔サーチは必須だと痛感する。

スト4「(驚く)あ…はい」

俺「この時間帯はヘンな奴が多いからね〜」
続けた言葉が


「いま帰り?」

|( ̄3 ̄)|


スト4「あ…はい」

俺「そっか。じゃあ。気をつけて」

去る。

…。



や、

や、

ヤッホーイ\(^o^)/

exclamation地 蔵 克 服exclamation×2


よっしゃあぁ!

俺はその場を足早に後にしつつ何度も心中快哉を叫んだ。

昨年のバースデイストの声かけから5カ月…ついにストでの地蔵を再脱出することができたのである。

思えばこの瞬間まで長かった、、、長すぎた。


しんみり。。。(T_T)


…だが、感傷に浸るのはまだ10年早い。
ただ声を、それもベタベタな声をかけただけのことだ。誘うことすらしていない。
誘わねば。そして粘らねば!


しかし当面の目標だった「ひと声かけ」を果たし満足してしまっている自分が居た。
このまま帰途についても悔いはない。
しかし…まだ9時だ、もう少し回ってみよう。

その時思いついたのが、かねてから興味を持っていた、男女が集うナウで粋な飲み屋として現地では噂の某英国風パブに偵察がてら行く事。

駅外れにそっと佇む店に歩を進める。
むろん雰囲気次第ではあわよくばパーナンも、と企みつつ入店。
ほぼ満席状態ながら

ただのワイワイ酒場やんけ〜(+o+)

まあ正月真っ只中ゆえいつもと勝手が違っているのやもしれんが…再訪の余地はあるとおもわれる。

ハイネケンを一杯だけひっかけて再び駅前に戻る。
もちろん、道すがらタゲを漁ることは忘れない。

---

駅前ビル前。さっきのショボ腕君がまだ獲物を求め逍遥している。
おもえば彼も懸命なのだろう。この寒空の下、孤独にソロでストっている。いわば我が商売敵であり同志だ。見るに、小柄で服装も地味なコート&マフラー、イケメンには程遠い。だがまるっきりダサくもない。彼なりに精いっぱい努力しているのだ。許そう。俺の前にしゃしゃり出たことを。頑張れよ、同志!

爽やかな気分でショボ腕君の前を通過した俺の前を、黒っぽいいでたちのマダム風スト5が歩いて行く。
さっと尾行。
セオリー通り斜め後ろからの声かけ。
「こんばんは〜あけおめっす!」

スト5「(驚いて)あ、はあ」
立ち止る。

俺「帰りっすか?」

スト5「はい」

俺「俺も、飲み会の帰りで。よかったらもう一杯どうすか?」

スト5「(微笑)いや、もう帰るので」

俺「そうですか〜。じゃ、気をつけて」

その場から何事も無かったかのように歩き去る俺の前方から新たなる刺客…ややぷに子ぎみのスト4が接近してくる。

すれ違いざま反転、からの
「こんばんは〜あけおめ!」

ぷに子「(無表情)あ〜はい」

俺「帰るとこ?」

ぷに子「帰ります」

俺「俺も。帰るとこ。よかったら一杯どう?」

ぷに子「いやいいです」

俺「そっか〜気をつけて」

この間並行トーク。

堰を切ったかのように続けざまに声かけ、しかも、あっさり断られたとはいえ今回は誘いも入れることができた。
不思議なものだ。一度地蔵を脱してしまうと、これまであれほど厚く高く立ちはだかっていた壁が、ひょいと容易く乗り越えられる塀となる。

楽しい。
得も言われぬ高揚感・充実感。それは帰途につき家に着いたあとも長く続いた。

結局、ぷに子の後さらにストったもののもはやHMJの夜はナンパ的には終わっているように思え、声をかけることなく大人しく我が町行きの列車に乗るべく改札をくぐった。


こうして静かに、幸福のうちに脱地蔵の物語は劇終。


手練れのナンパ師にとっては小さな小さな一歩だろう。
しかし長らく地蔵に喘ぎ続けたヘタレなショボ腕にとってはまさに長足の進歩・大きな大きな一歩である。

まだまだ乗り越えるべき課題は多いが、とりあえず今宵は祝いの杯を天に差し出そう。

乾杯!
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 02:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

ナンパ2年目にむけて

あけおめだっちゃ!(・o<)ノ

久しぶりに無職で迎える新年、まっ昼間からおせちを肴に麦酒飲んでナンパブログ読んでまったく危機感無しにのんびりすごしておりますが…
とりあえず更新がてら今年の目標でも戯れに挙げてみましょう。

@仕事探し
非正規でなく、やはり期限の定めなく働かしてもらえる正社員での雇用を目指したいですね。
安定してナンパを続けるためにも。
Aナンパ
まずは地蔵の克服。
そしてやはり実際に現場へ行き声をかけていくなかでトーク等スキルを上げていくのがベストだと思うので、継続してストに出る・クラブに行く。並行して本やブログで勉強する。
目指すは初バンゲ。もちろん最終目標はゲットです!
Bアンチエイジング
体型の向上と維持。スキンケアや髪型・服装などにも気を配る。
そもそもこのブログの当初のテーマが脱メタボ=ダイエットですから、これをおろそかにしては単なるナンパブログに堕してしまうので 笑


ともあれ、定職に就くのも外見の向上に努めるのもすべてはよりよいナンパに繋げるため。
まさに、

「すべての道はパーナンに通ず」

単なるナンパブログに、おおいに堕ちていってやろうじゃありませんか
( ̄∀ ̄)


ではでは、、、
全国の素敵な婦女子・ナンパ師そしてカープ芸人の皆様

今年もよろしくお願いしますムギexclamation×2
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする