2014年02月12日

田舎でスト

今日はライムさんと合流して地元の田舎駅周辺でスト。

あいかわらず人少ない。

それでも果敢に勇者ライムさんは何人かにアタック。さすが。

私も、珍しく開始早々に声かけ。

きわめて地味なスト4…ほぼガンシカ。

屈辱度ハンパないは
(-"-)

---

その後2時間半ぐらい渉猟するも結局声かけ能わず。

言い訳がましいが、やはり人が少なすぎる。

寒さもあって街ゆく人は皆、速足だし。

早く暖かくなってもらいたいものだ。

しかし、それより前に何とかなんらかの結果を出しておかなければ!

春が来るまでには闘える状態に仕上げて、万全のコンディションでシーズンを迎えたいとおもう。




posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

轟音のなかで

久しぶりのO阪遠征。

ウインナーさんとコンビでフクロウ箱IN→2時間居て声かけゼロ。ウインナーさんはアグレッシブに攻めていたが私はまったくテンション上がらずただぼんやり周囲の様子を観察しているのみだった。
退屈はしなかったけれど。

そのあと南下しウッディーさんと合流→トリオでデューク箱IN。

途中ウッディーさんが連れ出し成功して去る。

ここでも、声かけにいそしむウインナーさんをよそに独り箱の様子を上階から見下ろしながら、踊る人たち・ナンパする(される)人たちを眺めていた。
店を出るまでの4時間余りずっと。

最近ネットで目にした或るナンパマニュアルの影響をもろに受け、そこに書かれてあった「ターゲットの様子を良く観察し、感じる」ことに重きを置いていたせいもあるが、とにかく今回は、ナンパせねば・声かけせねば!という気持ちにはなかなかなれなかった。

このマニュアルの示すところが正しいのかどうか今はまだはかりかねているけれど、少なくともクラブでのナンパには不適だと思う。

箱ではとにかくシンプルに、紋切り型のフレーズでいいのでガンガン声をかけ続けるのがやはりベターなやり方なのではないか。

ゆえに次回はこれで行ってみよう。


でもやっぱり、目の前でバンゲや、ハグやDKや連れ出しや、、、を見せつけられると悔しいなー。

俺だって、クラブのビッチな子猫ちゃん達とお喋りしたい。
仲良くなりたい。

ズッコンバッコンしたーい
(´Д`)

ごちそう候補は周りに幾らでも居るというのに…
ホンマ地蔵は得るもの絶無だは
(´Д`)

---

さてクラブでは声かけ出来なかったものの、ストでは二度行った。
いずれもウインナーさんの指名をイヤイヤ受けてのものだったが。


その@
ひとりケータイ見ながらノロノロ歩いている子。

どうやらメールをしているようだ。
顔も確認せずヤケクソで接近&アプローチ。

俺「こんばんは!」

ノロノロ女(スト4)「!?」

俺「メールしてるん?んじゃ、俺にもメールして!」

ノロ女「!!(無言で首を横に振る)」


放流。


そのA
いかにもクラブ帰りっぽい強めのビッチ風コンビ。
えーい、いったれ!

俺「こんばんは!」

ビッチーズ(共にスト5) 無視

俺「○×のおいしい店知ってる?教えて!!」

ビッチーズ1「知らん」

すると間髪いれずウインナーさんがビッチーズ2に仕掛け、ある共通点を見出して和み成功。

その後四人で楽しく会話しながらそれぞれの帰途についたとさ。


おしまい。

---

ウインナー&ウッディー両氏、この日の合流ありがとうございました◎
なんか、ワタシひとり醒めてしまってて申し訳ないです、、、

次はなんとか修正していくのでその時はまたよろしゅうに
m(__)m


サカオーのチャンネー、味わうまでは死ねぬ!

そしていつか口に出来たときには叫ぶであろう


うーまーいーぞー!!


ルネッサ〜ンス 情熱〜るんるん




…古いわい(-"-)

またしてもナウなヤングへの訴求力がー
orz











posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 00:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。