2014年08月24日

一度きりの準即のあと

いわゆるナンパを始めてから一年余。

このGWに、ナンパ用語でいうところの「準即」を初めてメイクしてからはや四半期。

番号交換や連れ出し(お茶や飲みに誘いだすこと)はそこそこ出来るようになり、その後のアポ(=デート)にも繋げられる程度にはステップアップしたようにおもう。

だが、まだまだ。その先へ進むことができないでいる。
言うまでもなくその先こそが最も重要かつ最終的には目的の地なのだ。

つまり、ゲット。エッチすること。


現在、唯一の結果といえる一度きりの準即のあと、6回連続健全アポ(=エッチをともなわない単なるお子ちゃまデート)続行中、、、

どうにもギラつけない。
言いかえれば「わたしはあなたとセックスがしたいのです」というアクション・意思表示ができない。

勇気がない。
こわいのだ、拒まれることが。そしてその後の可能性を失うことが。。。

こんなことではいけない。
もっとガツガツいかなければ。

いいひとね、なんて言われたくはない。
なぜならば知っているから。
その一言のアタマには常に“どうでも”というワードがかくされているということを。



posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ときには酒でものみながら

金曜の夜、オール。

なんにもできず。
ソロならまだしもコンビだったので今回ご一緒してもらった方にひじょうに不快なおもいをさせてしまった。
まさに万死に値する愚行であろう。

とくにクラブでの状態がひどい。ひどすぎる。
明らかに酔っぱらってイージーそうな物件にも躊躇してしまう。
果ては、クラブ特有の轟音(もはやこれは音“楽”ではないとおもわれるが)に耐え切れなくなり耳を塞いだり・機器に繋いでもいないイヤホンを耳栓がわりに装着したりして、まったく、なんのためにこの場所に来ているのかわからないていたらくである。しかも、わざわざ入場料を払ってまで。

こんなことがもう一年ぐらいずっと続いている。
だけれども、あきらめることができないのだ。

“女の風俗”ともよばれるクラブ。
お股の緩いお姉チャンたちが集う場所。
ビッチどもの巣窟。

ただ交尾を、
いや、一夜かぎりの愛の行為を求める我々にとってはこのうえない社交場…のはずだ。

しかしここも野生の狩り場同様、弱肉強食のルールが適用される。
ウィナーズ・テイクス・オール。
強者のみが女肉という美酒をあおることができるのだ。

弱者・敗者はただそれを眺めるのみ…指を、赤子のごとく咥えながら。

そんな、屈辱の指チュパチュパ状態がずっと、ずーーっと続いている。
これまでドブに棄てたに等しい入場料も結構な額にのぼるであろう。
むろん、時間も。

そこでかんがえた。
しばらくクラブに行くのはやめよう。
いまのままでは結局なんにもできはしまい。ただ、カネと時間を無駄に費やしたうえ惨めなおもいに打ちのめされるだけだ。

やめる。だが、永遠にではない。
かつてのマッカーサー元帥のように、きっとまた厚木=クラブに帰ってくる。

そのときのために臥薪嘗胆・切磋琢磨の旅に出ようとおもう。
具体的には、カネを払ってでも女たちと会話をして、女という魔物に馴れて・手なずけられるぐらいの話術や雰囲気を獲得すること。

スナック・キャバクラ&ガールズバーetc、、、
世にはその手のマーケットが横溢しているではないか。

行ってみよう。そして散財してやろう。
男をみがくために。
そして、その“軍資金”を得るためにまた明日から地道に働こう。

目指すは、強いオス―――左様、クラブでも路上でも勝つことのできる獅子心王の境地だ。


すわ鎌倉!エルサレム奪回!


不惑を来年にひかえた壮年の志士は、まだあきらめるわけには、ゆかない。
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。