2015年01月24日

アウルで客死

某日
茶屋町あたりでスト。

地蔵。

某氏と合流後阪急梅田らへんで数声かけ。坊主。

アウルへ。

久々にVIP席に陣取る。

相棒が何人か下界から獲物を水揚げしてきてくれる。

おれもお返しせねばと下山して渉猟するも
爆音に圧倒され沈黙。

手ぶらでVIPというHEAVENへ舞い戻り黙々と酒をあおるうちに船を漕ぎはじめる。

気がつくとはや1時・クロージングタイムだ。

相棒が確保した娘ふたり(A子&B子)と終電後の街へ。バーで飲み直す。

腕のある相棒はすでにしっぽり担当のA子のハートをつかんでいる様子。
いっぽうおれは
ぜんぜん盛り上げられず担当するB子はもっぱら携帯をいじってしらけきっている様子。

その差歴然。
隔世の感。
ヒマラヤとマリアナ海溝ほどの壮絶なるギャップ。

バーも閉店となり始発まで数時間、しんとしたキタの街に放逐された四人。

女子たちを相棒に託し去る。
いや、去ったというよりは

逃げたのか。

とても混乱かつ倒錯しつつ西へ西へ歩き続けた。

悔しく
情けなく
腹立たしく
申し訳なく

WHY WHY WHY
暗いクライCRY

「The Cry of the Owl」

ひとつのSTORYが幕を降ろそうとしている。

おれは非モテのアラフォー。女を落とす術を持たぬ。

ただ酒をあおるのみ。
自慰にふけるのみ。


posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 10:56| Comment(8) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。