2015年09月29日

某日艶画劇場 或いはロードショー

んちゃ!(・o・)ノ

先日、ひっさびさにオールしたっちゃ。
相棒は“中2からナンパしてます”ことOSSANナンパ師界レジェンドのどもんさん。
あいかわらずイタリアの伊達男を彷彿とさせるイカしたルックスの氏、ワタシが女なら秒殺の濡れ濡れだったことでしょう。

***

日付も変わった夜のしじまを突いて、あいにくの雨模様のキタの街をとくに声かけすることも無くぶらぶら。いわゆる地蔵トーク(ナンパ師どうしがナンパせずにただ語り合うこと)が楽しい。

とはいえやはり狩りをしに深夜の街に出ている手前、終電も果ててすっかり目ぼしいターゲットも望み薄なこの街にとどまる理由はもはや絶無。

となれば目指すべき地はただひとつ。眠らない街・ロクデナシどもの集う街、、、ミナミだ。

いざゆかん伏魔殿!

***

さてミナミに来たらばとるべきアクションはふたつ。
真夜中に街を徘徊する悪い娘を路上で拿捕orクラブにひしめくビッチちゃん達とお近づきになるか。

とりあえず肩慣らしに前者を選択し、先ずはどもんさんが得意のドロップアイテム(お姉さん、コレ落としましたよ?と声かけのキッカケに用いるモノ)を手に先陣をきる。
いっぽうのワタクシはもっぱら坊主・傍観者。
げにブランクとは面倒なものなる哉。

そうしてウォーミングアップを済ませた我々が次に向かう先はもちろんクラブ。
当世随一の人気を誇る「シュバル」へ意気揚々と乗り込む。
…はずだった。
が、、、

なんという不運か、よもやの国家権力による、同時多発テロと見まがう一斉ガサ入れ?がこの夜決行されたらしく、一時的に名だたるクラブが営業をこの時STOPしてしまっていた。

街にあふれる、箱から締め出されたクラブ難民たち。
異様な光景である。

しかも雨がしつこく降りそぼり、愉しいはずのナンパ遊びがどうにも盛り上がらない。

詮無くどもんさんとふたり、あても無くこの小汚くも妖艶なミナミの街を逍遥する。

途中で、どもんさんの知己である著名な某ナンパ師のご一行と遭遇したり・まったく見知らぬナンパ師らしき冴えない風采の二人組に話しかけられたり・あるいはまた休憩がてらシャレオツなBARへむくつけき男ふたりで入り再度地蔵トークに花を咲かせたり&あやしいアイリッシュバーでマジメに?ラグビーW杯をガイジンの大男客に囲まれながら観戦したり、,,イレギュラーづくめの一夜が続いて行く。

やがて、冷静沈着などもんさんも酔いがまわってきて「クラブいきてー!」「おっぱい箱キボンヌ!」とかなんとか、野獣化。

しかし私は件のガサ入れでもうすっかりクラブに攻め込む意欲を失っていたので、意気込むどもん氏をたしなめつつ、「ならせめてキタで朝駆けパーナンぶっこきてえ!」という同氏の意向に賛同し夜明けも近い梅田へワープする。

***

人影まばらなキタの街で、数少ないターゲットにロックオンしては果敢にアタックをかけていくどもん氏に触発されて私もぼつぼつおずおずと声かけしていく。

けっきょく釣果はゼロだったけれども、志を一にする仲間とおおいに悪ふざけに打ち興じたことで穏やかなカタルシスを得たようにおもう。

どもん氏、ご同伴いただきまことにあざした!
一子相伝・必殺のドロップアイテムナンパ、ちょっとアレンジを加えて近々マネさせてもらいますね。


以上、久しぶりに夜を徹してナオンのケツを追っかけまわした感想おば。



いや〜〜〜

ナンパってほんっと、いいもんですね!

それでは、、、

さいなら サイナラ SAINARA
(´▽`)ノ





posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。