2016年02月04日

第7回「さよならプラチナム」

とある水曜日・三宮。
仕事帰りにひさびさストで完ソロでも♪と途中下車。
1時間だけと決めてサンキタ〜さんちかを逍遥するも、地蔵に果てる。
勇気さえあれば行けそうな子は少なくとも4、5人は居たが…。

とにかく出たからにはせめて爪痕を残さんと。
地蔵だけはしないように。

***

1月29日(金)プラチナム南船場。

“ミナミのスーパーピッポ”ことジルー氏と共闘。
この日はチキンの自分にしては珍しくガンガン声かけしていく。
理由はわからんが、いつもなら折れそうになるところでも酒の力を借りつつしぶとく攻め続けることができた。
まあ結果はいつもどおりの坊主だったけれども、なんしか悔いはあまりないというか、あれだけやってダメならしゃーないという気分。
惜しむらくは相棒とコンビで成果をあげられなかったこと。
もっと腕を上げなければ。

ジルー氏、遅くまであざした!また遊んでください(^^)

ところでこの日感じたのは、しゃにむにアプローチしていくことはもちろん良い事ではあるけれど、あまりに負けがこむと少なくともクラブという閉鎖された空間においてはその姿はやがていささか周りにも伝わるだろうし、そうなればわざわざ負け犬を相手にしようなんて奇特な婦女子など居らんと考えられる以上、時には諦めることも肝要ではないか、と。
目安としては20連敗くらいだろうか。

それで歯牙にもかけられぬならばその日は自分の日ではなかったということで潔く退くのも決してやぶさかではなかろう。

とはいえ悔しさは当然禁じ得ないだろうが。

***

翌日、プラチナム南船場ファイナル。

往時の繁盛ぶりを懐かしさとともにおもい起こさせるほどの大混雑、さすがは最期の夜だけのことはある。
まるで当代随一の人気箱・シュバルのようだった。

しかしながら、あまりのギュウギュウさに辟易&しんどくなってCLOSEを待たず独り退散してしまう。

始発まで3時間、真冬の外気はぶすぶすと身を刺し心を容赦なく凍てつかせてくれる。

暖をもとめてマクドに避難し、だらだらと味気ないポテトをつまむうちに暫時船を漕ぐ。

始発にて帰る。



〜一月を振り返って〜

毎週、プラチナムに通いつめたものの結果はわずかに2LINEのみ(しかも直ちに死番化)という大惨敗。
ハブでの1LINEと合わせ計3LINEが今月のすべて。
並行しているネットナンパもたいした釣果無く、今年初ゲットはおろかアポすら果たせないというどん底ぶりである。

現状、それが実力。
あいかわらずショボ腕だ。
これではナンパしている意味も希薄といえよう。
ゲットという観点からすれば毎月給料日に風俗に行く非モテな人々に余裕で負けてしまっているのだから。

ことしの目標は去年の倍・12ゲット、すなわちひと月ひとセックスなのだが…早くも暗雲がたちこめてきた。

根城としていたプラチナムも無きあと2月以降のたたかいはさらに厳しくなることが予想される。

But!

まだまだ2016は始まったばかり。
元来、スロースターターであると強引にでもおもい込んで、右肩上がりのこれからを信じ出陣を重ねるのみだ。



酒崎麦太郎、Februaryも懲りずにI・KI・MA・SU!!
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする