2016年06月22日

ネトナン諸行無常

まいど(・o・)ノ

前回の記事で触れた、二人の彼女とはプラトニックな関係を維持しつつ(ふたりともギラついてはみたものの時期尚早グダを崩せず)先日、あまりタイプではない子と二度目のアポ。

こじゃれた店で飲みかつ喰らい・二軒目のビアバーでさらに和み・取っておいたホテルに連れ込み打診→ノーグダOK→BUT、部屋にてDKチチモミでイチャつくも本番はNGとテキは譲らない構え。
べつにそれで放流してもよかったが、酔いの勢いもあってしつこくペッティングするうちに気がつけばゴム装着からの

GATTAI

幼少の頃熱中した合体ロボットアニメの幾つかの主題歌を想起しつつ(ウソ)腰を振る、振る、振る。
しかし、、、



イケぬ!
果てれぬ!
朽ちれぬ〜!!



そう。
去年あたりからだろうか、セックスでイケない事態にたびたび陥ってしまっているのだ。

なぜだろう。

うーむ。これは、、、

オナニーのしすぎか(あるある)

加齢による衰えか(ないない…と信じたい)

そもそもコンドームと相性が良くないのか(ナマでならイケる自信はある。けれども、こわくてできない)


ともあれ困ったものよ。

結局、イッたふりしてTHE END。

終電で帰るというので、感謝の念を込めねんごろにお見送りする。

その後、急速にこの子への気持ちが急降下。というよりハナからゲットできようができまいがこの日で最後になるだろうという確信があったので予定調和的心象の変遷といえようが。。。

畢竟、LINEのやりとりもペース&トーンダウンしそのままフェードアウト。



なんだかなー。

むなしい。

やはり…タイプでない子とエッチしても心身ともに満たされないし、ヤリ捨てたような罪悪感もいささか禁じ得ない。
いと後味のよろしくないことよ。

それもナンパと片づけてしまえればサッパリできるのだろうか。


しとしとと、梅雨の雫が窓をよわよわと打つ夜にアンニュイなものおもいに耽溺してしまうのだった。
酒とともに。

では股!
GOOD NIGHT(-_-)zzz
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

第10回「ネトナン疾風怒濤〜シュトゥルム・ウント・ドラング〜」

ダンケシェーン(・o・)ノ

春から初夏に季節は移ろっても、あいもかわらず仕事とネットナンパに勤しんでいる空虚な男です。

街にも箱にも出ず、ひたすら家と職場とアポの地を行ったり来たりの毎日であります。

とはいえ浮き沈みはもちろんありまして、まったくアポれない週もあればやたら連続でアポがとれる週もございます。

先週などは木曜から四日連続でアポでした。正直しんどかったし、そのわりにはさしたる結果も出てないのであまり乗り気じゃありませんが、更新も滞っているところ、まあ戯れにひとつ書いてみましょう。しばし駄文にお付き合いくださいまし。

***

木曜日・三宮

テキとは初対面。
現われたのはすらりとした黒髪の妖艶なレディ。
ちょっとタイプの顔立ちでテンションがあがる。
挨拶もそこそこに、こじゃれた飲み屋でおおいに飲みかつ語らう。
ギラは出さず。
ここがおそらくおれのだめなところで、ちょっと相手がタイプだと普通に仲良くなってからごく自然な流れでそのうちゲットできたらいいや、となってしまう。
ストやクラブと同様、ネットでも会ったその日にギラついてゲトる・ダメならさっさと放流して次へいく、それが一番効率がいいしナンパの醍醐味でもあるのだろうが、腕が無いのは言うまでもないとして、そこまで割り切る勇気あるいは心意気が足りないのだとおもう。

この木子(木曜に会ったので)とは家も近いし、キープというのもおこがましいけれども、彼女にしてしばらく逢瀬を楽しみたいとかんがえてごく健全に解散する。

後日、二回目のアポで付き合う事になった。ただその日は車内DKイチャつきのみで終了。

***

金曜日・三宮

この日も初対面の金子。
木子よりは歳も上でルックスもそれほど好みでは無いが、とりあえずこじゃれた飲み屋で飲みかつ語らう。
ギラはなし。次の日仕事だったので終電で帰りたい気持ちが勝った。
後日またアポれたらギラつき前提で臨んでみたい。

***

土曜日・梅田

テキとは初対面ではあるもののすでに何度か電話しており(あまり無いパターンだが)だいたいのイメージは掴んでいた。あとは写真との差異を確かめるのみ。
そして現われた実物は、、、

写真の方がよかった(・_・;)
それでも可食レベルではあったので一軒目でラポールを築いてからの二軒目でさらに距離をつめ帰り道でホテル打診。ラブホはあまり好きじゃないので格安ビジホをとっていた。
が、会ったばかり&あした仕事グダを崩せず。ダダこねでなんとかDKは果たせたが不完全燃焼のモヤモヤは否めない。
ひとりダブル部屋でフテ寝して翌日のアポに備える。

***

日曜日・大阪某所。

会うのは二度目の子。

初めて会った時、写真よりずっとかわいかった(レアなケースだが)のでテンションもおおいに高まり、こじゃれた飲み屋でごく普通に楽しく過ごしたのみで、後日のアポを取りつけて健全に解散していた。いずれはキープもしくは彼女にしたいと目論みながら。

この日はとあるイベントがあり、ナンパのテイストは無しでごくノーマルなデートを昼に楽しんだあと梅田に移動して雰囲気過剰なレストランバーで夜景と酒と会話を堪能する。

その後別のビルにある眺望の良い緑化フロアで愛の告白。

「ボ、ボクのアモーレになってティアーモ!」

…しぶしぶ承諾させる。

誓いのDKを交わして解散。

***

以上、まとめると

アポ 5
ゲット 0
DK 3
彼女 2

いやはや。
なんとも穏やかな戦果だこと。
自分にとってのナンパとはなんなのだろう、とかんがえてしまう。
むろんナンパに取り組む身としては数を追いたい気持ちもあるのだが、ぜんぜん結果は出ないし、負け惜しみじみてあまり言いたくないけれど、ゲットのために好みでない子とまでエッチしようとは思わない。

とりあえず付き合いたいとおもえるレベルの子に絞ってカネと時間を投入して、たまーにギリ可食レベルの子とワンチャンする。
そんなスタンスでいこうかしら。
いささか傲然不遜な考えかもしれんが、、、

求められたら与え・受け容れる。そこは誠実に。


では股!
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 01:33| Comment(6) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする