2013年11月21日

キタや!クラブや!パーナンや♫〜前編〜

前略
おふくろ様

今日、初めてナンパ目的でオラO阪サ行っただ。

まんず、人が多い!…のは知ってるが、今回オナゴ目当てで街サ見渡してみてあらためて感じる事は


めんこいオナゴだらけ〜(゜Д゜)

田舎の比じゃねっべやがく〜(落胆した顔)

ああ、叶うもんなら彼女たち全員と

やりてえ

やりまくりてえ〜


(´Д`)ハァハァ


オラもう、常時ポコティン半勃ちモードで「あやしうこそものぐるほしけれ」の境地だすっぴゃ揺れるハート

ーーー

さて前回から引き続きコンビを組ませて頂いているアラフォーさん改め川端さん(以下バタやん)の主戦場ということで、この日は終日、彼の案内でO阪ナンパのABCをレクチャーしてもらう感じで進行していきます。


めぼしいナンパスポットを教えてもらいながらまず向かったのがバタやんお気にの猟場である某スポーツパブ。
ところがこの日はイベントで間もなく半貸切状態になるとのことで、迷った挙句イベント開始までの小一時間ほどステイしてみようと決め、バタ氏曰く「ベストポジション」のバーカウンター席に陣取り獲物が網にかかるのをカクテル片手に待つ。

しかしやはりいつもと勝手が違うようでなかなかナンパするほどの盛り上がりが無い。
バタやんもヤキモキしているところへ、来た!

子猫チャン二人組猫猫ハートたち(複数ハート)

その時私はオーダーしていた二杯目をレジ横で待っていたため、結果バタやんが逆三で、バーカウンターに注文しにきた二人組に声かけ。

しかし不発。
後で聞くと「この後同窓会なので…」とやんわり断られたらしい。

ところがその後観察していると、我々と少し離れたテーブルで飲んでいたこの二人組の隣席に居た、あろうことかダサメン三人組犬犬犬がぬけぬけと仕掛けたようで、更にあろうことか


意気投合して盛り上がっちゃってるやんけ〜(゜皿゜;)


でもまあ仕方ない。よくあること、別段気にすることもないと私が淡々と飲んでいると当のバタ氏は痛く悔んでいる様で、曰く、もうちょっと粘っていればモノにできたかも・あの二人のうち一人がいま見るとかなりタイプだった、、、とのこと。

行くときは強気にとことん行っとかな!

そう教訓を得てその後イベントも迫ってきたので店を出る。

ーーー

さてさてこの日バタやんは見知りのナンパ師二名と合流予定だったところへ、無理を言って私も混ぜてもらうことになり、暫時の後同志ウッディーさんと初対面。

物腰柔らかな紳士でありながらその鍛え上げたボディとのギャップがとってもチャーミングなお方ぴかぴか(新しい)

もう一人のお仲間は少し遅れるとのことでとりあえず某有名クラブ系列の店へトリオでIN。

しかし全然客が、タゲが居てない(T_T)

時間が早すぎたのか…?

肩すかしをくらいつつ、三人とも腹が減っていたところへクラブには珍しく用意されていた食べ放スタイルのフードを胃袋に詰めこみながら空いた皿を下げに来た黒服にーちゃんに疑問をぶつけてみる。

トリオ「どう、儲かってまっか?」

黒服「いや、ぶっちゃけショボショボっすわ」

トリオ「ってことは、粘ってもあきまへんか」

黒服「そうでんなあ」



こらあかんわ(-_-)

すっかりテンション下げ下げバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)のところへ遅れてきた勇者・ウインナーさん合流。

記念すべきアラフォー四天王初揃い踏みの瞬間でありますバースデー

ウインナー氏、我々の中でもっともオトナの余裕を漂わせたVERYダンディーなナイスガイ晴れ(でも最年少)。


時を置かずして三国志よろしく桃園の誓いを立てた我々はこのオワタ箱を後にし、キタの大本命クラブ“阿浦”へ歩を進めるのでした。

〜後編へ続く〜


posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 07:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパatキタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
続きはよ
Posted by 気化無効 at 2013年11月21日 22:43
>>気化無効さん

サーセン(汗)

取り急ぎ後編アップしましたので、どうぞ☆
Posted by 麦太郎 at 2013年11月22日 18:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。