2013年11月26日

雨上がりの夕刻に〜前編〜

昔、好きだったTV番組に「世界遺産」というのがありまして(今もやってるんかいな?)、ナレーションは緒方直人が担当していたのですが、かつて、この二世俳優に似てるね〜と言われ喜んでいいのか否か微妙だった記憶があるワタクシ“播州の根津甚八”こと酒崎です。

今回は我が播州が誇る世界遺産・HMJ城々下町に夕刻GO!してきたでござる。

ご当地の英雄にして来年の大河ドラマの主役・黒田官兵衛に敬意を表して前回のHMJナンパ同様書き方を少しばかりあれんじいたそうかの。

ーーー

さて珍しく平日休みだったので昼間は土日祝では出来ない雑事を済ませ、その後なんだか疲れたので自宅で夕焼けを肴にゆるりと一杯飲んでおった。

日中はひどい荒天で大雨だったが今はもうおさまり、美しい秋の夕暮れである。

ほどよい酔いに心地よさを覚えながら、それがしは迷っていた。

先刻宣言したとおり、これから身支度を整え出陣するか。

でもめんどくさいし明日仕事でしんどいし、やめとくか。

実のところ既に朝から後者の気分に気持は固まりつつあった…雨やし、声かけ出来る自信もないゆえ。

だが、この時飲んだ手製のウオツカ・カクテルの妙なる風味がそれがしの眠れるリビドーに鞭をしたたか喰らわせてくれた。

「すわ鎌倉(`o´)qいざHMJへ、出陣じゃ!!」


それがしは、先日のクラナンでご一緒させてもらったウインナー兄の助言

「HMJでのナンパは、スーツを装着のうえ会社帰りのOLを狙い撃てば余裕のヨーヨー・マ」

を忠実に実行すべく日頃はクローゼットの奥に追いやっている背広をグイと引っ張り出して身にまとい、愛馬・パパチャリを駆って最寄り駅へと進軍するのであった。

待っておれ、HMJの姫君たちよ!拙者自慢の肉太刀を、ジュッポシ御身にねじ込んでくれようぞ!!


っと失礼、おもわず下品な表現に堕してしもうたわい。

とまれ、夜のとばりの降りる頃それがしはHMJに降り立った。

ヨッシャ−!

ナンパするぞ、ナンパするぞ、ナンパするぞー!

〜後編へ続く〜


posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。