2014年05月06日

白鷺城下スト

GWも後半、追い込みをかけるべく久しぶりに「しろまる姫」統治下の隣町へ出撃。

今回コンビを組ませていただくのは“播州ナンパ界のレジェンド”ことオジさん。
この連休中にライフワークである世界ナンパ旅行において「即」を重ね更なる高みへと飛躍したとあって久々にお会いするその姿には達観した仙人の如き貫禄が漂っておりました。

そしてさすがはGW、いつもの休日より遥かに人が多い。
すなわちターゲットも多い。

「今日はまれにみる激アツDAYじゃわい、ふぉっふぉ」と、数十年前からこの街を本拠とするさしものオジさんもテンションUPを禁じ得ないご様子。

であるならば、これはやれる。いや、やらねば!
私の気合いもいや増すばかり。

酒も入れて準備万端、そうして最初から臆せずアプローチしていく事が出来た。

これまでのオジさんとの合流では長らく地蔵してばかりで散々お叱りを受けていたものだが少しは成長した姿を見せられたと思うし、実際オジ師も「ようやく一皮むけおったのう」と目を細めて褒めてくれたのだった。


それから日が暮れるまでストに没頭する。

だけれどもなかなか結果がついてこない。

いつものように笑いをとったりしてある程度は和めるもののその先のバンゲ・連れ出しに持ち込めぬ。

これはむろん私のスキルの低さもあろうが、世界中で声かけしてきているオジさんも言うとおり、関西女子の反応の悪さはまるで別の惑星のもののよう―というやっかいな地域的特性に起因している側面もおおいにかんがえられる。

しかしかなしいかな、この地に居を構えている以上はたとえ敵が難攻不落としてもひるまず攻めていかねばならぬ。

そう、攻めダルマのごとくに。

***

やがてGWラッシュも落ち着き始め、それとともにますます獲物の数も反応も悪化の一途を辿って、結局この日はボウズのままやむなくスト終了の運びとなる。

だが声かけ数は15ぐらいは稼ぐことができた。

かつて、ひと声かけることすら四苦八苦だった事をおもえば長足の進歩である。

もちろんその程度で満足していては話にならないのだが、同じ成果ゼロでも充実感が全く違う。

試合に勝つことはできなかったがいい汗をかけた、たとえるならそんな感覚だろうか。

そのたとえでいえば地蔵は試合に出ていることにもならないのだからまったくもって時間のムダでありナンパ師にとって何より避けねばならない敵前逃亡行為といえよう。

だが、この日も敵は手ごわくそして私は無力であった。

しかしリベンジのチャンスは出撃意欲(あるいはエロパワー)がありさえすれば何回でも手にできる。

なんのまだまだ!

勃起の続く限り、NEVER GIVE UP!!


posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 13:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここ数ヶ月で一気に成長しましたね。

この調子でつづけていけば必ず結果は出ますんでがんばっていきましょう。

ムギさんが成長するなら俺もまけじと成長していきます笑
Posted by オジ at 2014年05月06日 14:06
To;オジさん

ありがとうございます!
O阪修行の成果をお見せできて良かったです。

てかオジさんこれ以上成長したらインターポールに追われますよ笑
Posted by むぎ at 2014年05月06日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。