2014年09月23日

サバをよむ

先週から原則としてサバをよむことにした。
もともと、相手の年頃にあわせていくつかの歳を使い分けていたが、それらのうち実年齢を明かすと反応がどうにもよろしくないことが多いゆえ。
当り前ではある。
30代ラストイヤーのいい年こいたおっさんが毎週のように夜な夜な街を徘徊しナンパに励んでいる、、、どう考えても尋常ではない。あやしい。異様だ。
だが、

それがどうした!

生来、へそ曲がりであまのじゃくな気質ゆえ奇異の目でみられるとますます「尋常」では居たくなくなるということもある。そしてそれ以上に、やはりまだまだエッチがしたい。より多くの・より若く美しい巷の婦女子たちと、深くなくともよい、軽佻浮薄な、しかしエロスに満ちた関係を広くひろーく築きたいのだ。
そのオスとしての本能あるいは欲望に早いも遅いもあるものか。
左様…

いい年しててもナンパがしたい!エッチがしたい!のだよ、坊やたち。お母さんたち。PTA諸賢。

でもおばさん(同世代ですが)相手ならともかく、若い子狙いとなるとこちらがいかにもおっさんではどう考えても分が悪い。ハンデでしかない。
むろんなかには年上好きや所謂ファザコン体質の娘もいるだろうが、そんな少数派に懸けても非効率なだけであろう。

ゆえに、日々いわゆるアンチエイジングに励むのだ。
美顔ケアにいそしみ・晴れた日は日傘をして歩き・煙草は吸わず・ナウでヤングな服装をこころがける。
ボディキープも忘れずに(ナンパで痩せるという大義名分もあるので)。

むかしでいうところの「かぶきもの」でもよいではないか。
イタいほどに若づくりしてやろう。
それに、元来年齢よりわかくみられるという私に備わっている数少ないアドバンテージを効果的に生かせようし、せっかく、そのように産んでもらった親に対しても報恩感謝するためにも。
うんと、年齢詐称するのだ。公明正大に!

四十にして惑わず。
もはや周りの“良識”なんぞ気にすることもあるまい。

かつてルー・リードもうたったではないか、
ワイルド・サイドを歩け(「WALK ON THE WILD SIDE」)と。

歩こう。
ナンパというワイルドでクレイジーな通りを。
かろやかにサバをよみながら―


posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 10:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぼくのスマホのメモ帳には西暦、干支などを記した鯖読み表があります。
あと、同い年の芸能人とか調べたり。。。笑
Posted by どもん at 2014年09月25日 18:50
To;どもん氏

さすがの用意周到ぶり、おおいにパッション感じます!
私も、生年と干支は暗記してますが同い年の芸能人までは、、、
カープの選手なら何歳であろうとスッと出てくるんですがね
(・_・;)
Posted by むぎ at 2014年09月27日 13:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。