2015年01月04日

ナンパ初め

正月某日夜
やや遅い時間に梅田へ本年初出撃。現地にて同志ふたりと合流予定も、先に活動を始めていた両君からの情報で当初乗り込む予定だった映画館箱はこの日はイマイチというのでパス。こうなるとほかの選択肢はハブかグランフロントか寒中でのスト・そして私が苦手とする戦場=クラブ…そのなかでも殊に不得手としているアウルぐらいしかキタではおもいあたらない。当然アウルだけは避けたいところ、というよりはハナから選択肢から排除していた。
ところが、、、
不得手だからこそ克服すべし!と同志に激励され・また前回のブログでのみっつの抱負のこともあり―これは遅かれ早かれ何としても履行せねばならぬ―、予想外ではあったが怖気づく己の弱い心を奮い立たせてフクロウ箱への突撃を決める。
しかし、、、
その結果といえば

もはや言うまでもないが



秒殺級撃沈


入場して直ぐ、いつもの轟音にたちまち萎縮してしまう。だけれども3000円の入場料と、なによりかけがえのない“オスとしての寿命”を無駄にするわけにはいかない。たてなおしていかんと、モチベをリビルドせんと!
気持ち強くクラブのなかでも一番キライなゾーンであるダンスフロアに進入し、はためからみて“明るく”“楽しそうに”みえることを意識して音に合わせて体を揺らし笑みを絶やさぬように努めてみる。と同時に周りを観察すると他のライバルたるオスどもが各々のやりかたで果敢に女たちにアプローチしている。
いつものクラブの光景だ。
そしていつも深く感心する、、、あの会話すらままならぬ大音響のなか、よくも声をかけられるものだと。
見渡せばここでは、私と同じようにただ沈黙するのみの“敗者”と、タフそうな婦女子相手であろうと臆せず攻めていく“勇者”との両者にみごとに分かれているようにみえる。
いうまでもなくそれら勇者あるいは猛者たちは皆がすべていわゆるイケメンでも・また若いわけでもない。極端にいえば老けたブサイクもいる。しかし彼らは皆オスとしての強く折れないハートを具備しているのだ。むろんその境地に至るまでに個人の差はあれど紆余曲折・艱難辛苦の道のりをトレースしてきたに違いない。
皆努力しているのだ、より多くの女を手に入れるために。

そんなおもいが脳裏を去来しだすともうダメだ。
私はダンスフロアから抜け…いや逃げ出し、ごったがえすバー=カウンターをも避けてひとけの少ないゾーンを求めさまよう。時折、ふたりの同志が発破をかけに(有難いことなのだが)声をかけにきてくれ、そのときは「まだまだ!おれはいけるぞ!」と気勢をあげるもののハートはすでに死んでいる。完璧なカラ威張りだ。

そして急激にしんどくなってくる。

惨めだ。

そうしているあいだにも若く可愛く・セクシーな女たち(彼女らこそ落とすべき格好の対象なのに!)が目の前を通り過ぎ、そしてその艶めかしい獲物たちをベッドに連れ込むこと、ただそれのみを目的とする狩人の群れが次々と言葉の弓を放っていく。
箱は狩猟場、、、狩る者と狩られる者が繊細かつエロチックな駆け引きを絶えず繰り返しそれぞれの夜のドラマを綴っていく。
そこにただ沈黙するのみの生けるオブジェの居場所は、無い。もはや異様ですらある。“異物”は排除されねばなるまい。

私は同志たちを残しひとり箱を出た。出る前にトイレに行き手を洗いながら鏡を見てみると、そこには“明るさ”のカケラもない青ざめた・生気の失せた仏頂面が映っていた。我ながらそら恐ろしさをおぼえる。

***

外に出ると寒風のなか人影がぱらぱらと舞い、もちろんそこには独り歩きの若い女の姿もある。ガールハントを志す身にとって俄然、声をかけるべき獲物だ。
だがもはやその気力も絶えていた。
当初この夜は同志たちとミナミへ下って終夜狩りを続けるつもりであったが、とうにその余力は果てている。
力なく帰りの電車をもとめ駅に向かう。

同志たちに別れのメールを送り車窓から、眠らぬ街の夜のきらめきをぼんやり眺めていた。
この窓に映る顔もまた仏頂面の、、、敗者の面持ちそのものであった。


posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 14:59| Comment(6) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いきなりアウルはきつかったですかね^^;
それにしてもやっぱりムギさんの文章は面白いです!
Posted by uddy at 2015年01月04日 23:21
あけましておめでとうございます!

なんと今年最初の出撃をしているとは!!
しかも、自ら伏魔殿に飛び込んで行くとは、すごいではないですか。

Posted by どもん at 2015年01月05日 18:12
To;uddy氏

アウルは構造的にひじょうにやりにくいのですが、タイプの子も多いので悩ましいところです。
しかしながら。。。こんなネクラな駄文を新年早々読ませてしまい恐縮至極であります
m(__)m
かくなるうえは貴兄のアグレッシブかつプリミティブなブログを拝読して今一度モチベUPさせてみます!
Posted by むぎ at 2015年01月11日 23:11
To;どもん氏

あけおめっすー!最初やる気満々で出撃するも、たちまち意気消沈の敵前逃亡で情けないことこの上ないですが
(-_-;)
しかしさすがは伏魔殿、正月もキャワユイ小悪魔たちのるつぼでした!嗚呼!どうにか奴らを手なずけたい!!
エロイムエッサイムエロイムエッサイム、、、
Posted by むぎ at 2015年01月11日 23:19
はじめまして。
自分は30半ばの関西のおっさんです。
クラブは、30くらいまでは結構うまいこといってたんですが、半年ほど前に惨敗してからいってません。
やはり、若くてイケメンが一定数いると萎縮してしまうもんです(;´д`)

これからも更新楽しみにしています。
Posted by おっさん at 2015年03月20日 15:44
To;おっさん氏

コメントありがとうございます(^^)

てか30半ばって!まさに男盛りではないですか☆
若い?イケメン?
なんぼのもんじゃい!!
(`△´)ノ
おっさん最強説を私は盲信するのみです。

更新滞りがちですが、ネタはたまってるのでまた近々書きアップしますね
(´▽`)ノ
Posted by むぎ at 2015年03月22日 12:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。