2015年02月22日

ことば は やいば

さて。前回書いた、かなりタイプな子との二度目のアポはけっきょく大失敗に終わった。
彼女の友人に、私の友人が(ややこしいけれど)聞き出してくれた情報によるとどうやら私のトークの印象があまりに酷くて「もうむり」と敢え無く見切られてしまったようだ。

まったく、やらかしてしまった。
この子に対してはナンパ的な概念抜きでごくノーマルに告白・そして交際へとアプローチをかけていく算段で、入念に事前の準備に全力を傾注し文字通り石橋を叩きに叩いた渾身のトライだったのだが、、、肝心かなめの会話で和むどころか不興を買ってしまっては元も子もない。
一回目のアポがかなりうまくこなせて向こうの反応から察するに予想以上に手ごたえあるもの(勘違いかも知れぬが)だっただけにまことに悔やまれる。
曲がりなりにもナンパをたしなむ身としては芳しくないことなのだろうが…不覚にもおぼこい恋愛感情を彼女に対していささか抱いてしまったがために未練に今おおいにさいなまれているところである。

だけれども。
ここでくよくよと歩を緩めてしまってはただの凡百の恋愛弱者であろう。

おれは、ナンパ師。
そう、曲がりなりにも・腕はなくとも。
ましてこの世界ではデビューが相当に遅いオールドルーキーゆえ時間を無駄にする余地は殊更に無い身分なのだ。
我ら鯉党の誇り・背番号15の言を(おそれおおいことだが)借りれば
「残された球数は多くはない」
のである。
いままでの自分ならたちまち歩みを止めてただただ傷心と落胆の涙にむせび敗残者の奈落へ埋没していたかもしれぬ。だが、いまはちがう。
ナンパという手段と、それをサポートしてくれる同志たちがいる。また、この拙ブログを読んでくれている奇特な(失礼!)読者諸賢にたいする義もある。
たかだか一度や二度の恋のつまづきで立ち止まるわけにはいかない。

倒れたら立ち上がり 前よりも強くなれ

強さは愛。ナンパは強さ。つまり
ナンパは愛だ!

いよいよますます歩調を上げてひたすら前進あるのみ。


posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。