2015年03月29日

二度目の準即

こんちわ。
最近またブログ意欲が失せつつあります。
ネタは無いことも無いんですが、なにしろおっくうで。
基本めんどくさがりなのでね。
でも、、、
怠惰にまかせていても堕落するいっぽうなので、酒と肉とスナック菓子で最近またゆるみがちな体躯にムチ入れるべく書きましょうかね。
では、ド暇な読者諸賢!しばし駄文にお付き合いくだされ
(´▽`)ノ

***

某日・神戸
ちょっと前にクラブで番号交換した子とアポ。
おぼろに、あんまり可愛くない記憶があってテンションは低め。なのでこの日に至るまでのメールのやりとりもぞんざいというか、ぶっきらぼうに振る舞っていた。

そして対面。

残念ながら、、、記憶は確かであった。
可愛くないうえややポチャ。ぜんぜんタイプじゃない。
だけれども、逃げ出すわけにはいかない。さすがにそれは失礼でもあるし。
なにより、ゼイタクを許される立場にはまだまだ遠い修行中の身。

ブサイク?BUTA?

それがどうした!

ひるむなよ、俺。どんな強敵が相手でもゴールを目指して全力を出し切るのみだ。
そうしてこそ成長は果たせるものと信じる。

***

毎度のことながら事前のシュミレーションは入念に済ませておいた。

即物的に列挙すると―
デート向きのオシャレな・だけれどもそんなに高くない店→北野界隈のオトナなBAR→同じく北野界隈のLOVE舗にてGOAL!
…平板だがテッパンなルーティンであろう。

そして実戦開始、、、ルーティンどおり行程を順調にトレースしていく。
最初の店を出てBARに向かうときにはすでに手つなぎも達成していた。敵の酔いももうけっこうまわっている様子。なんとなく、勝利の予感がする。が、まだ時期尚早・油断は禁物だ。いままでの苦い、ひたすらニガーイ経験が俺を慎重にさせる。
まだだ。決して気を抜かず戦況を冷徹に把握することに全力を傾注するのみ。

さて目指すBARは、立地とファサードの下見は済ませておいたが入店はまだだったので若干不安はあったけれども結果としては雰囲気・お値段ともに過不足なく、次回のアポにもぜひ使ってみたいとおもわせる良店だった。

おかげで敵をさらに心地よく酔わせることに成功し、とっくに終電も尽きた夜ふけに店を出る。

「もう電車もないし、泊って行こか」

「泊るって、どこに?」

「このへん」

そう、すでにBAR周辺はラブホ街なのだ☆
わが作戦と神戸の街に幸あれ!

「え〜でも」
などと軽いグダ(拒否の意)はあったが「まあ、ええやん。なんもせーへんとおもうし」とかなんとかテキトーに崩してホテルIN。

そして入ってしまえば…「なんもせーへん」はずもなく。
(以下少々お下品な表現に堕することをお許しいただきたい)

接吻しーの
パイ揉みし−の
お洋服を脱ぎすててから
ペロペロし合いーの

そして
最後はもちろん

GATTAI!!
を残すのみ。

ところが

いよいよという段に及んで敵は言い放ったのだ、

「女の子の日やからDAME!」


なんと、、、

しかし
それがどうした!

あれこれ言辞を弄して何とか血みどろの戦いに持ち込もうとしたが敵のカテナチオがごとき堅牢なディフェンスを打破なしえず。

しゃーなしお口で処理させる。

というわけで今回のタイトルである「二度目の準即」は修正せねばなるまい。

こうだ。

「二度目の準即(未遂)」

***

さて。
今回、ゲットは果たせなかったもののこうしてホテルまで誘導できた勝因、というか理由としては
@アポに至るメールのやりとりの段階でいささか強気なアティテュードをキープしたこと=イニシアチブを握り続けたこと。
Aこれは@ともリンクしているが相手がぜんぜんタイプでなく口悪く言えば“どーでもいい”レヴェルですらあったため緊張したり下手にでることもなく臨めたのだとおもう。つまりは一般的に評しても決して女子力の高い子ではなく本人もその自覚が多少なりともあったがために、カラダを売りにするほかにさしたる“武器”はないと考えていたのではないか、と。
言うまでも無いことだが、可愛い(と本人が自覚している)子ほど落としにくいのはこのためであろう。今さらの気づきではあるけれど。

なので、今回のブチャポチャ子ちゃんとは「おかわり(=今後もエッチすること)」する気は微塵も起きずワンナイトで終わらせるつもりだったのだが…向こうはそうではないらしく、その後も好意的なメールを送ってくるので対処に困ってしまった。

そもそも出会いがクラブだという点でそこはお互い割り切っていけるものだとおもっている・否、おもわねばなるまい。
しかしながら思い通りにはいかない事もままある。

こんなとき手練れのナンパ師ならどうするのだろう。

しゃーなし会ってヤルだけヤルのか。
その気はないが社交辞令的にメールだけは返していくのか。
一切、無視するのか。

けっきょく私は一通だけメールで謝意を伝えたほかはスルーすることにした。
すると向こうも察したのかもう送ってこなくなった。

若干後味の悪さは残るが、、、これでよかったのだろう。

そしてかんがえた。
今後は、あまりタイプじゃない子とはむやみに会うのは控えようと。
だからといって選り好みできる身分ではまだないし、いつかそうなるためには妥協して望まざる敵とも“練習試合”をある程度はこなしていかねばなるまい。
悩ましいところだ。

ともあれ今回の子に対しては、GATTAIは拒まれたけれどそれ以外は受理してくれたことに感謝し・これから良縁に恵まれることを願いたいとおもう。

自身としましては次(こそ)はタイプな相手と対峙してみたい。
箸やすめは要らないが口直しは必要ですから。

ではまた!


posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 01:14| Comment(6) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一時の落ち込みがまるで嘘のように、
最近ポジティブに活動してはったから、
やっぱり結果がついてきましたね^^
この調子でガンガン行こうぜ!
Posted by uddy at 2015年04月01日 00:50
切り捨てた。これは凄腕になりそうな選択肢ですね。
ぼくならダラダラメールだけし続けると思います。女々しいので笑
男らしい!!
Posted by どもん at 2015年04月03日 17:51
To;uddy氏

ところがまた近ごろ沈滞ぎみなのです汗
躁鬱なので。

またいい波が来るのを待ちます。
Posted by むぎ at 2015年04月04日 10:24
To;どもん氏

いやただ単にタイプでなかったので、、、
逆にタイプな子に袖にされたら未練たらたらメールはよくしますが
(・・;)
Posted by むぎ at 2015年04月04日 10:29
はじめまして。
ムロウさんのページから飛んできました。

文章がお上手ですね。参考にさせてください。
また、関西に住んでいたこともあり記事を読みながら出てくる地名を懐かしんでいます。
Posted by めがない at 2015年04月09日 01:00
To;めがない氏

コメントありがとうございますm(__)m

いや、参考になるような代物ではとてもないのでお恥ずかしい限りです(汗)

あまり詳細に活動地域を書くのはいささかリスキーではありますが、具体性を出すためになるべくぼかさないようにと考えております。
Posted by むぎ at 2015年04月09日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。