2016年01月30日

備忘録

先週の土曜

同志数名と心斎橋ハブからのプラチナム。

帰り際にちょいスト。


〜結果〜

ハブ 2声かけ 坊主(ひとつは同志・ニシコリ氏の声かけに便乗)

クラブ 3〜4声かけ 坊主

スト 1声かけ 坊主


〜振り返り〜

ハブでは2組とトークしたがどちらも脈が無さそうだったのに無理して喋ろうとしすぎたかも。
だいたい、最初の反応で行けるかどうかはわかるのだけれど、サッサと諦める=損切りするのがいいのか・なんとか粘って形勢逆転を狙ったほうがいいのか。
もっとも、粘って逆転できるほどの技量はいまだ持ち合わせていないのだが。。。

加えて、行けそうな子とそうでない子を見分ける力も足りないのだと思う。

どうにも打開策が見当たらないが、とりあえず地蔵だけはしないようにアプローチを続けていきたい。


次にクラブだが、ここでも2組とそこそこ和めたのだけれど結果的には惹きつけるまでには至らず逃げられてしまった。

担当したふたりのうち一人は(後になって気付いたのだが)お立ち台で踊ったりする子だったうえ彼氏もいるらしくハナから見込み薄というか、不覚にもハズレを引いてしまった感がある。

もうひとりは、やりようによってはじゅうぶんバンゲぐらいは出来たとおもうけれども喋るにつれだんだん飽きられたような気がする。このあたりのトーク力のプアさは我ながらいかんともし難い。

また、クラブにはクラブでの・ストではストでの、アプローチやトークの“作法”があるとおもわれるが、どこでも同じように接してしまうところがあるので、今さらではあるがたたかう場に応じて戦法も臨機応変に変えていけるようにならないと。
たとえば、クラブではもっとセクハラ気味に攻めたほうが場に馴染むのかもしれない。チキンなのでなかなかディフィカルトなことではあるが…トライしてみなければ。


最後にスト。クラブに仲間を残し一人で帰る道すがら、同じく一人で出てきた子にごく自然に声をかけてごく自然に和む。
ややお歳を召された方でありあんまりタイプじゃなかったため何の打診もせず暫時ののちバイバイしたが、あとでおもうとせめて連絡先交換ぐらいは申し込んだ方がよかったかもしれない。

それから、やはりナチュラルにアプローチできるにこしたことはないと感じた。
今回はたまたまそれができたが、意図してやるとなるとそうとう、難しいことだとはおもうけれども。


まとめてみると、まずたたかう場の状況や声をかける相手の様子を出来うる限りよく観察しておく。
そこからナチュラルに、場や相手に応じたアプローチを心がける。
そしてとにかくダメそうでも最低LINEの打診はしてみる。


以上の各点に留意しつつ、今夜もいざ出陣!


posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 16:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土曜日はありがとうございました!

自分もどこでも同じようにしてしまいますね・・。
戦い方を変えるというのは大切だとは分かっているのですがー。
Posted by うめ at 2016年02月01日 08:20
To;うめ氏

とかいいつつちゃっかりクラブでソロ案件と和んでたじゃないですか(^^)

臥薪嘗胆、力蓄えてまた遊びにいきましょう☆
Posted by 酒崎麦太郎 at 2016年02月03日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック