2015年10月31日

北海道プチ遠征@

先日、会社の都合で半強制的に急遽平日に連休を取らされることになり、せっかくなのでひさびさ旅に出ることにした。

行先は初となる北の大地。
ここを選んだ理由としては、単純にうまい海鮮が食べたかったのと、死んだ親父が行きたがっていてついぞ行けなかったのでその代わりに俺が、という思いに加え、彼の地に君臨する知己の剛腕ナンパ仲間と久しぶりに邂逅を果たせるかもしれないというのがあった。

残念ながら予定があわず仲間とは会えずじまいであったが、海鮮および北海道グルメはじゅうぶんに堪能することができたとおもう。亡父のぶんまで。

以下はその簡潔なるドキュメントである。

ちなみに当初はナンパする気はあんまりなかったけれども、ショボ腕とはいえナンパを志す者として「やらいでか!」とほんのちょっとだけトライしてみたのでそれについても言及してみたい。

***

初日。
地元の神戸空港からスカイマーク機にて出発。
人生2度目のフライトだ。

離陸してからしばらくは恐怖感もあったが、やがて感動に変わった。
というのも、最初に飛行機に乗った時とは違い窓際の席だったため高空からの景色をつぶさに見ることができたからだ。

それにしても高い。航空写真のような下界の眺めはジオラマのよう。
愛聴している某ラジオ番組の大沢たかお氏のナレーションが想い出される。

2時間弱の航行はあっという間に終わり無事新千歳へ到着。
パイロットおよびCAそして整備士等他の関係者の方々ありがとう。

***

まだ昼前であったが北の大地は予想よりも寒くはない。
もっとも、人一倍寒さに鈍感な体質というのもあろうが。

そのため神戸と同じ初秋の服装のまま夜まで行動できた。

さて、宿は札幌に取ってあったがチェックインまで時間があったのでひとまず荷物を札幌駅のコインロッカーに預け小樽へ向かうことに。

「小樽ギャル連れ出して寿司でもつまんで下さい(^^)」

先述の、現地のナンパ仲間からのLINEエールを受け「よっしゃ!」とナンパモードがスイッチONになるも、、、

着いてみると平日の正午とはいえまことに小樽の街は閑散としており、ぜんぜんターゲットがおらん
(・_・;)

オバサンかアジア系の観光客ばかり。

あきらめて単身、予習してあった店で先ず…



海鮮丼即!


たて続けにまた別の店で…

特上寿司即!

それから、瓶入りの小樽ビール片手に運河をサクッと見物したのち次なる街・余市へ。
目指すは、某公営放送局の朝の連続ドラマで近時あらためてその名を日本中に宣揚せしめた「ニッカウヰスキー余市蒸留所」だ。

試飲に備え小樽駅前の洋菓子屋「ルタオ」にてチョコ系の菓子を買っておく。
洋酒の肴にチョコレートははずせないとかんがえるゆえ。

***

バスに揺られて小一時間、蒸留所到着。

サクサク諸施設を見学してから待望の試飲タイムへ。

そこでは3種類のウイスキーが少量ではあるがタダでいただける。

持参したルタオの菓子をかじりつつ香り高い琥珀色の酒をゆっくりと味わう。

試飲会場の窓から見える、紅がかったイチョウの木々が更に旅情を豊かにしてくれる。

なかなか…一人旅も良いものである。

***

夕闇迫るころ余市をあとにして再び札幌へ。

ホテルにチェックイン後ササッと身支度して街に出る。

さあ、試合開始だ。

\(`Д´)いっちょパーナンぶちかましたろやないけ!

***

現地の仲間に教わったエリアをパトロール。

札幌駅〜大通り〜すすきの間を、地下に地上にまた地下に。

小さいがアーケードの商店街もある。そこでこころみに地味かわいい系に「こむばむは!」とお声かけ。

うん、反応は悪くない。笑顔で答えてくれる。
が、それだけ。
いま一歩踏み込めない。
こればかりは自分の力量のプアさによるもの、腕の立つナンパ師なら更に和み→連れ出しもしくは最低LINE交換ぐらいはサクッとこなしていることだろう。
なんとも歯がゆいけれども弱肉強食・WINNER TAKES ALLの世界、しかたない。

とはいえ。

畜生ッ(>_<)

やぱぐやじいよ〜(T_T)



…まあこんな時はこいつだ。



酒!


余市の蒸留所内のショップで買ったブラックニッカの小瓶を咥えほんのひと口、のどへ流し込む。

やがていささか気持ちがアガってくる。

以後モチベが下がるたび、ちびりちびりやりながらいつもながらの超スローペースでお声かけを続けていく。

***

地下街で全身黒コーデ女にお声かけ。

「こむばむわ!いや〜シックな装いですね(^^)」

黒い女「?」

「いやいや〜オールブラックスですかこれ(^^)」

黒い女(イヤホンを外す)「ああ(苦笑)ありがとうございます」

その後テキトーに並行トーク。

これからご出勤のスナック嬢だという。正直タイプではなかったもののなんとかなにがしかの成果が欲しくて粘った。

旅行してて腹減ったんで美味しいお店教えて、とかなんとか駄弁っているうちに女の勤め先のある小汚いビルに。

おもえばここでサヨナラしておくべきだった。
だがまだ連絡先すら聞き出せておらず、このまま手ぶらで帰るわけには…とぼんやり思案しているうちにエレベーターで女の店の前までついて行ってしまう。すると彼女、すぐ隣の小汚い居酒屋に「ここ美味しい店ですよ」とツカツカ入っていき「マスター!お客さん連れて来たよ☆」「おうOOちゃん!同伴?」「ちがう〜旅行中のお兄さん。神戸から」
そしてきびすを返して「じゃあこれで。わたし隣の店に居るから飲み足りなかったら来てね(^^)」
と軽く営業をかけて隣のスナックへご出勤されていった。



(゜o゜)ポカーン。


逆放流されちゃった。

しゃーなしひとり席に座りビールと、アラカルトで二品ほど頼む。

店にあったテレビで流していた日本シリーズを眺めながら、酒と肴を口に運ぶうちになんともいえない虚ろな気分に染まっていく。

なにやっとーねん、俺。

店は清潔感に欠け、大将は客と同じようにテレビを見ながら料理するうえ、手が空けばおおっぴらに厨房で煙草を吹かす有り様。

肝心の料理の方も、北海道のアドバンテージなど全然ない凡百の居酒屋レベルであり気分は滅入るばかり。
ただ、いわゆるぼったくりではなく勘定もまた「凡百の居酒屋レベル」だったのがせめてもの救いか。

ぜんぜん飲み足らなかったけれど、むろん隣にある黒い女の店に立ち寄る気などカケラもないので足早にエレベーターに乗り込みビルを後にする。

***

その後もブラックニッカをポケットに忍ばせおずおずとストリートを徘徊。

ふむ。

結局、こんな北の果てまで来てもやってることはおんなじではないか。

地蔵して、時間をかけにかけて難産の果てにようやっと数声かけ。
その結果たるや、不毛。パイパン。連れ出しも番ゲもなんもなし。

ただこの自慢の健脚だけが、性欲を原動力にてくてく動いて行くような。

そんで歩き疲れてモチベも萎えて、酒もきれたらノーサイド。

まったく、腕の無い奴ァどこでやっても結果は変わらんと。
逆に出来るひとはどこでやってもキッチリ爪あと残すもの。

それを痛感したのが、同じ札幌で・季節こそ違うが同じ年に遠征してその豊穣なる成果を、タイムリーなことに俺の旅の最中に続けざまに上梓した、おそらく地元も同じかとおもわれるあるナンパ師のブログを現地で目にした時のことだ。

彼の名は「岩クマー」氏。

さかのぼること数月、夏の札幌で即を量産していたというその記事を忸怩たるおもいで咀嚼しつつ、ホテルの部屋でそろり、余市でこの日の夜の祝杯用に買っておいたピュアモルトの栓を外す。

香り高くも苦いフレーヴァーが鼻をつく。

明日こそは美酒となりますように。

小さなボトルに半分ほど残し栓を閉める。

窓から見下ろす札幌の街のあかりが、ほんのすこしこの身を慰めてくれるように感じられた。


〜続く〜
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 02:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

ナンパ短信

とある水曜日。

仕事帰りに三宮で完ソロ。

3時間で声かけゼロ・地蔵に終わる。

前回もそうだったが、なぜかホームである神戸で声かけができない。
大阪に比べ人も少なく街のサイズも小さいぶん、のびのび後くされなくアクションを起こせないからだろうか。
切り替えてまたトライしたい。

***

とある金曜日。

仕事終わりに上阪しキタで完ソロ。

2時間で4声かけ・1ブーメラン。

ブーメラン相手は仕事帰りのスーツOLで、連れ出し打診も「疲れてなければ行くんですけど…」グダ。

いつもなら、ああそうですかとそのまま放流するところだがちょっとだけ粘って連絡先交換を申し出ると名刺を要求される。

しかしわたくし、現場勤めのブルーカラーゆえそんなもの持っちゃいない。
もっとも、以前ナンパ用に自己作成したことはあるがほとんど使うことなく破棄してしまっていたし。

結局、相手のスマホのメモにこちらの番号を入れてもらって終了。

警戒を崩すまでには至らなかったことでまず返ってはこないだろう。

だが、しどろもどろでも粘れたのは良かった。

***

あとこの日の収穫としては、怖がられて逃げられはしたが周りに通行人が大勢いるなかで声かけできたこと。

ジロジロ見られてさすがにバツはわるかったけれど。

それから、行けそうな子をタイミングを測りつつ尾行していた時、ふらりと不自然にその子に近づいてくるヤロウが。
これはきっとナンパだろうと観察していると、ほんのちょっと並行トークしてすぐに離れた。
うむ、やはりナンパだったか。

ルックスもまあまあで隙がありそうなターゲットだったので目をつけるのは皆同じということか。
ともあれ俺が先にツバをつけた獲物、横取りされなくて良かった。

ではナンパを断った子に更に追い打ちナンパを、ともかんがえたけれど翻意させる自信が起きずやめた。

ところで、ふられた直後そのナンパ師はおもむろに携帯を取り出して電話をしはじめたのだが、おれにはわかる。

あれは“エア電話”だ。そう、かけているふり。
ソロで声かけして撃沈した時、どうにもバツが悪いのをごまかすために俺もやるからわかるのだ。

これがコンビとかなら、いや〜ダメでしたと相方に気休めを求めることもできるのだが。

***

ちなみにこの日は他の場所でも、俺が尾行していた子をノコノコ横から現われて声かけ→撃沈してる輩が居たし、やはり行われていないようでナンパという行為はたしかに街のほうぼうで実施?されているものなのだと今さらながら実感する。

そして、目をつける相手はライバルたちもおんなじなのだな、と。

あとやっぱ、タイミングをうかがって尾行とかモタモタしていてはこうして横取りされかねないので注意せねば。

尾行=躊躇ともいえる。
汝とまどうことなかれ、即断速攻あるのみ、だ。


さあ。
今回手にできなかった何らかの成果をもとめて、明日も出る!
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 16:47| Comment(4) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

パブ・スト・クラブALL坊主

ん〜

今回はタイトルが雄弁だなあ。
全てを物語っている。

そう、某日・大阪。

ここんとこ良くご一緒させてもらっている“肉体派ナンパ師”uddyさんとコンビでまずは英国風パブへ。

ここに来る客はおそらく男女問わずほぼ皆、ナンパしに(されに)来ていると思われる。
ゆえに、ストで腐心している身からすればラクなものよと悠然と構えていた。

じっさい、最近ソデにされたキープちゃんと出会ったのもここの系列の店だったし、今回もいけるだろうと。

だが、、、

声をかけてトークに持ち込むまではそんなにプレッシャーを感じなかったが、それからのプロセスがこの日は全然うまくいかない。
それなりに会話できても連絡先交換までにはいたらない。

いささか出鼻をくじかれたが、どの子もタイプじゃなかったのが救い。

また、私より腕の立つuddyさんが如才なくバンゲされていたのもよかった。

共倒れほど悲惨なことはないとかんがえるゆえ。

***

その後、先述の系列店に移動。
ここでも私は歯牙にもかけられず・uddyさんはきっちりバンゲ。
実力差はいかんともしがたい。

***

退店後、スト。

最近多用しているドロップアイテムによるナンパ。

オープンこそ成し得るもやはり坊主。

***

最後はクラブ。
今回もシュバルへ。
あいかわらずの盛況ぶり…ということは獲物も(むろんライバルも)多いと期待できる。
じっさい、そうだった。
が、、、

やはり坊主。ぜんぜんトークが刺さらない。
もともといっぱしのトーク力など持ち合わせてはいないとはいえ、こうもダメだとさすがにオスとしての“商品価値”の無さに愕然としてしまう。

唯一、いい感じで和みつつあったタイプな子とのトークも、具体的には書かないが無粋な店員の理不尽極まる邪魔が入りブチ壊されたのがなんとも腹立たしいというか、とどのつまりこの日はツイてなかった。
もちろん、総じて腕がないというのもあるけれど。
それで納得しておこう。

***

やがて朝が来て箱もCLOSE。

見事に坊主コンプリートだ。

ご褒美に?道頓堀川沿いの某店へラーメンを食べに行く。

味はこってり濃厚。
だが旨いとは思えない。なんとも味わい希薄なことよ。
さもありなん。

次回ここに来たときは是が非でも旨い、祝いの一杯をすすりたいものである。

***

この日の結果

パブ 全敗
スト 全敗
クラブ 全敗

うほっ。
全敗の三冠王や!

どなたか表彰キボンヌ☆



(泣)



posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 23:42| Comment(6) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

くやしさ のち たのしさ

某日 梅田

仕事終わりにソロでスト。終電までと(田舎住みなので早いが)決めて、ロッテリアで腹ごしらえ後19時からSTART!

やりやすい地下街でしばらくパトロールしてから地上へ。

金曜の夜である。
やはりいつもより賑やかというか、街が・人が浮ついているふんいきが感じられる。

このテンションは嫌いではない。

そして獲物も至るところにいる。

ワクワクするぜ!


ワク(*^_^*)ワク

ウキ(*^o^*)ウキ


さあ、どの子からいったろっかな♪


…このOLか?

それともこのJD風?

迷う。けれどもたのしい。

何度か尾行する。

だが、、、

いけない(*_*)

やる気は満々なのに。。。

もしや、地蔵してるのか?

いや。標的をじっくり見定めているだけ、もう地蔵なんかするものか、卒業したのだ。


そうこう葛藤するうちに時計を見ると20時を軽く回っている。

未だ声かけ無し。ただ歩き回っているだけ。お散歩だ。


この期に及んでは認めざるを得まい…



あいあむジゾウ(-_-)



クソっ。

また悪癖か。
サヨナラしたと思ってた、否、思いたかったが。

とてもくやしい…いわゆる凄腕の面々ならとっくに即や連れ出し・最低でもLINE交換ぐらいはすんなりできているだろうに。

また、街ゆくカップルの幸せ(にみえる)オーラが実にくやしい。


でもいいいのだ。

そのくやしさがバネとなり闘志かきたてるビッグジェネレーターとなる。

そう、ネガティブな感情をおおいに利用させてもらおう。

あいつらには、勝てないのはじゅうじゅう承知の上で、負けてたまるか俺だって!と。

加えて更に気分転換の必要がある。

そう、酒だ。

もっとも、ナンパ開始前に既にビール一本空けてはいたがどうにも効き目が感じられなかったので、もういっちょドンと追加投入せねばとかんがえた。

いつもならコンビニで買うか・安いチェーン居酒屋で一杯やるかなのだが、この日はなぜかそれでは気分が乗らないような気がして、ガチのアポで使うような落ち着いたオシャレな店を求めさまよう。

しかしめぼしいところはどこも満席。さすがは金曜の夜である。

4軒目でやっと入店を許される。

以前、アポで利用したことのあるイタリアン。
いわゆるBAR使い感覚で、気の利いたチャームとささやかなアミューズを肴に先ずハイネケンで爽快にのどを潤してからグラスで赤をオーダーする。

うん、旨い。
雰囲気も、サーヴィスも心地よい。

でも、ちょっとお高いんだな。しかたないけど。

***

そうしてちびちび飲むうちにモチベも回復してきたのでチェックを済ませ再び街へ。
時刻は21時をさしている。

終電まであと2時間弱…やろう。

目標は先ず地蔵打破・1声かけだ。

***

間もなく、その辺を歩くヘッドホン女にようやくのお声かけ。

ほぼほぼガンシカだったが、これでようやくマインドを縛る鎖が解けたような気がした。

それからはぽつぽつとスローペースながらもアプローチしていけた。


10人程、ご挨拶できただろうか。
結果はBOZEだったが。ZIZOよりははるかにマシだ。

さんざん歩いて足の裏や指が痛むものの、そのぶんナンパにせっせと精を出したということ。

なんとなく充実感をおぼえつつ狩りを切り上げて終電迫る駅へと歩を早めた。


今回感じたこと。

ああ。

やっぱ、ナンパたのしーな(^^)

完ソロでたのしかった記憶は全然ないけど、なぜかこの夜はそうおもえた。

つい先日、唯一のキープにふられて、手持ちの案件が底を尽きつつあるにも関わらず、である。

根拠の無い余裕のようなものがそうさせるのか、、、


論理はどうあれ、とにかくたのしいのでまた明日も必ず出ようとおもう。






posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

麦太郎、地蔵する

某日。

ある店に用があって仕事終わりに三宮へ立ち寄る。

実はその店にはお気に入りの店員さんがいて、とはいえこちらはまだぜんぜん馴染みの客でもなんでもないのでこの日に何らかのインパクトを与えて、あわよくばデートに誘うべくいわゆるブーメラン(自分の連絡先を一方的に相手に渡すこと)のひとつでもかましてやろうと目論んでいた。

ただ、、、
だいぶ前に同じ店で別の店員に名刺ブーメランを実行→玉砕した経緯があり(汗)、もし今回の子にそれが知れていたら…という、可能性はあまりないが懸念するに値する材料があるにはあった。

だが。
もしそのブーメランが帰ってきたら?

想像しただけで欣喜雀躍、モチベもいや増すというものだ。

さあ、トークのパターンもいくつか用意していざ入店。

居た!
あいかわらずかわいい。

他の店員を慎重に避け、しっかり接客権?を得る。

さあ、いけ!
用意しておいたせりふを発動するのだ。
ウイットの効いたことばで笑わせて和み、その流れで自己開示し、サッとスマートに誘う…いまこそ培ってきたナンパスキルを活かす時ぞ!



BUT。。。

(T_T)

状況にビビって、じつに当たり障りの無い会話に逃げてしまい単なる客と店員のまま、距離を少しも縮めることなく終わる。

インパクト?
ナンパスキル?

まったく、笑止千万である。

最近ぼつぼつと結果が出始めていたので勢いだけはあったけれども、まあまだまだこんなもの。依然としてショボ腕であることに変わりはない。

その証左に、失意のうちに店を出たあとリベンジを期してストに挑んだのだが、1時間あまりパトロールしての声かけゼロ、、、地蔵完遂である。

何人かいけそうorいきたい子は居たが…
チキンに果てた。

***

やはり自分にとってナンパというものは、たまにうまくいけばたのしいけれど、ほとんどはこのように忸怩たる・くやしい・情けない気持ちにまみれて終わることの方が断然多い。

いわゆる凄腕ならば成功率はずっとあがるだろうがそれでも失敗も少なくはあるまい。

美人を抱きたいだけなら幾らかお金を持って風俗にいけば済む。

それなのになぜ我々は、わたしは、ナンパなどという世の「良識」から逸脱した・インモラルな・効率の悪い方法に固執するのか。

その答えは、きっとどこかにたしかに在るのだろう。
浅学非才なこの身には論理的に説くこと能わぬが…。


さて明日は金曜日。
そう、金曜の夜は僕の生きがい。

もちろんナンパにれっつごー(´▽`)ノ
どぅーいっと(´▽`)ノ
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする