2015年10月12日

スト案件初ゲット

某日

仕事終わりにアポのためキタへ。
お相手は先週のスト物件・K子。
サクッと声かけしてサクッとLINE交換したのでルックスの記憶はおぼろげだったがあんまりかわいくなかったことは確か。その証拠に高揚感がほとんどない。

ちなみに、その前日のストでLINE交換した子は可愛かったので少しウキウキしたけれど、ほぼ死番確実と予想されたため(実際その後数通のやり取りで終わった)過度な期待はしないように内心リミッターが効いていたように思う。

スト、つまり路上でナンパするメリットの1つは自分のタイプの子に妥協無くアタックできることであろう。
なにしろその街まるごと狩り場なのだから当然ではある。
選ぶ対象=獲物がネットやクラブ・BARに比して圧倒的に多い。

ゆえに今までの数少ない、ストで連絡先を聞けた子たちは皆おおむねかわいい、高揚感をもたらすレヴェルが多かった気がする。

だがそれは、効率という点ではほとんど弊害にしかならないのでないか。

理由として、まず声かけの母数を増やせない。
よく、ナンパは声をかけてナンボ・とにかく選り好みせず数を打つべし、という「鉄則」が語られるけれどその通りだとおもう。

結果を量産しているナンパ師ほどその鉄則をごく自然に受け入れ、とにかく嗅覚に反応した獲物ならばルックスなど固執せず迷わず果敢に攻めていきキチンとものにする、そんな印象がある。

希少なかわいい子だけにしか行かないのに結果を出せるのは真正の超絶イケメンか・いささかフィクションじみた、ジェームズ・ボンドのような完全無欠な人物のみであろう。

いうまでもなく私はいわゆる非モテに属し・おまけにアラフォーのOSSANときている。チキンだし、もう欠点だらけだ。

だからこそ「鉄則」どうり行けそうな相手には選り好みせずどんどん行かねばならぬ。

酔っている子・ゆっくり歩いている子・なんとなく暇そうなオーラを出している子。

ほら、グッと対象が広がるではないか。

よっしゃ!それら一切合財、手当たりしだい行ったれ!!



と思えども行けないのがショボ腕の所以か。

これまでのストで連れ出し以上の結果が出ていないのも当然であろう。

アポまで繋げれたことも数回あるにはあるが、ゲットまでには至っていない。

いわんや即など遠い世界の話だ。


閑話休題。

さて今回のアポに至るまでに当然LINEでやりとりしたわけだが、向こうのノリといおうか食いつきぶりが最初から異様に良く、私の拙い口説きのロジックをつかう必要もなくすんなり話は進んだ。

ところで、このきわめてスムーズな感覚に似たおもいを過去経験したことがある。

ナンパを始めて最初に結果(準即)を出したときと、二度目の準即をしたときのやりとりだ。

両者ともクラブで出会い・両者ともにかわいくない子。

最初こそぎこちなさはあったものの、ほぼこちらのシナリオどうりにゴールまで誘導できた覚えがあり、ゆえに今回も行けそうな予感がおおいにあった。

勝てる試合。いやむしろ勝てねば情けなさすぎるイージーGAME。

残念なのは、相手がかわいくないこと。
それでも、初のストでの結果を出すために尽力しなければ。

***

さてキタについたはいいが向こうの仕事が終わるまで3時間ほどもある。

時はまさに連休前・夕食時の繁華街。
フリーのナンパ師がやることはひとつ、、、狩りだ!

アポまで路上を・猟場をひたすら歩きまわる。

腹が減ったのでマクドで休憩。

また再開。

気づけばもう2時間ほど経っている。
安もんの靴のせいか足の裏が痛い。

で、ひと声かけのみの坊主だ。
あいかわらず選り好みがドイヒーである。

でも、その唯一ATTACKした大学生、アイドルばりにめっちゃかわいかったなあ。
あんな子と「ペログリ」(by元長野県知事)できたら、、、もうほかに望むものなどあろうか。



…ある。

もうひとり、更にもうひとりタイプな子とぺログリしたい。

理想は三人、ステディをキープすること。

いきさつはここに書いていないが、いま何とかひとり確保できている(有難いことだ)ので、あとふたりを目標にいよいよますます恋活に励まねば。

***

さすがに歩くのもしんどくなったのでいつもの英国風パブへ単身乗り込む。

ここはソロではひじょうにやりにくい、、、というよりよほどの胆力&トーク力が無ければただの酔客で終わってしまうだろう。
わかってはいたが、もしかしたらドサクサに紛れてアプローチできるかも…と淡い・あわーい期待を抱いていた。

で、結局ただの酔客にて終幕(T_T)

やはりおれの肝っ玉とモチベでは完ソロ(最初から最後までひとりでナンパすること)はとてもタフなことだ。

が、数少ない同志たちと予定が合わないときも多々あろう、どうにか単独でもたたかえるようにならねば目標への道は遠くなるばかり。


結局、何らの釣果もあげられないままアポの刻限となる。

***

相手のK子は記憶どおりあまりかわいくなかったが逃げ出したくなるほどでもなく、ゴールめざしてシナリオをトレースしていく作業へ。

といって特別なことはなにもしていない。

いつもなら先ずこじゃれた店で食べかつ飲み和んで→二軒目の落ち着いたBARで口説き→カラオケもしくは宿泊施設へ…といった段取りを踏んでいくのだけれども、今回はアポ開始がやや遅め且つ翌日テキが仕事だというので予想されるいくつかのグダ(=エッチを拒否る理由)を避け手早く仕上げる必要があり、また容易に行けそうな予感ないし手ごたえがあったため最初から速攻をかける算段だった。

具体的にはこんな流れだ。宿泊施設にきわめて近く・また過去二軒目に何度か使って結果にも繋げられていた某カフェバーへ直行→食べて飲んで和み→店を出て路上ですぐ口説き→ベッドイン!

***

結果としては、まことにサクサク思い通りにことは進んだ。

ストで声をかけた相手と初めて夜のいとなみを果たすことができた。
恥ずかしながら本当にようやく、の感がある。

けれども非モテのアラフォーとしちゃあ、まあよくやったほうか。
しかも十何歳も下のチャンネー相手に。

これだからナンパはたのしい。
もっとも、苦しいことの方がずっと多いけれども。

これは修復作業のようなもの。

色恋とは無縁だった、青春いや暗黒時代を埋めるための。

或いは修行のようなもの。

積年この身に溜め込んだ、幾多のモテナイ要素を振り払い打ち消すための。

目指すは、ごくナチュラルにさまざまな女性との交流をたのしみ・余裕をもって軽やかに歳を重ねていくことだ。

そして爺さんになっても孫ぐらいの娘たちと良き関係を保つ。

あくまで志はたかく、ね。


為せば成る…
…成らぬは人の為さぬなりけり


古人は饒舌だ。

***

最後に、今回の反省点と課題をば。

@カネを使いすぎた。

A完ソロで坊主。

B声かけ数の少なさ。

これらをちょっとずつでもクリアしていきたい。


トム・ソーヤーのように
ハックルベリーのように
自由な
けものみたいに
OSSAN、走ろうぜ(´▽`)ノ

posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 13:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

久々のクラブナンパ

某日 土曜の夜

ナンパ界きってのSIXパッカー・Uddy氏と出漁。

先ずはキタの英国風パブへ。

この日は数時間後にラグビーW杯の日本戦があるとのことで、マジメなラグビーファンでごった返す前に結果を出したいところ。

が、いきなりイレギュラーが。

いつもはこの店では流していないプロ野球の、しかもひいきのチームの重要な試合をON AIRしとるやんけ
Σ(゜Д゜)

これはいけない。
ナンパに全集中力を傾注できぬ。

しかしながらやはり目ぼしいお魚が現れると試合そっちのけで竿をキャスティングしてしまうのは、ショボ腕とはいえナンパ師のはしくれといおうか、、、

暇そうなOLコンビにお声かけ。

ひとりは遠方から旅行で来たというB子(地味め)、もうひとりが関西勤めで且つ私と同県住まいというA子(タイプ♡)。しかし最初はなんとなく流れでB子担当に。

まあいい、将を射んと欲すれば先ず馬を…だ。
しばらくテキトーク。

どれぼちぼちUddyさんとチェンジしてもらお、、、

おや。

Uddy氏、すでにA子をリリースし別の二人組と逆3(男一人で女ふたりを相手すること)に打ち興じているではないか。
ダテに腹筋六割れしとるわけではない、さすがだ。

ではA子は?

どうやら後から合流するといっていた大学時代の連れ(♂)と旧交を温めている様子。

しかたない、待とう。

ふたたびB子とテキトーク。

ところが、、、

そうこうしてモタモタしているうちに、A子がフリーになった好機を逃し別の冴えない風采の(失礼)メガネ野郎にトーク権を押さえられてしまう。
なんてこった。。。

しかも

いつのまにかひいきチーム、逆転されとるやんけΣ(゜Д゜)

・・・・・・・。

やがてマジメに?ラグビーを観に来たとおぼしき桜のジャージ姿の連中が増え始め、予期していた事だが店内は立錐の余地もない激混みに。
こうなる前になんとかしたかった。

結局A子は見失うし、野球は負けるしで散々・失意のうちに退店し、近くの同系列の店舗に移動してみる。

しかし、いつもはゆるーくミュージックヴィデオを流して混み具合もほどほどの同店も、さすがにこの夜はラグビーを映(や)っていて店外に客が溢れんばかりのラッシュぶり。

あきらめて軽くスト(=路上ナンパ)しながら頃合いをみてミナミのクラブへ行く事にする。

***

相棒のUddy氏はストはあまりしない事もあり、ふたり歩きながらときおり私ひとり飛び出してぽつぽつ声かけしていく。

結果、同志・どもん氏にインスパイアされて使いだした或るドロップアイテム効果で1LINEのみゲット。

ちなみに前夜も同じアイテムを用い仕事帰りにソロで数声かけだけでLINE一個もらえたので、なかなかこの手は使える気がする。

どもん氏、秘技伝授あざすm(__)m

***

その後タクシーでミナミへワープ。

あいかわらず街も人もゴチャゴチャ、なんともファンキーなことよ。苦手。

向かう先は当世随一の人気クラブ、シュバル。

入るといい感じの混み具合、これは今いっとかんと!とUddy氏と共鳴し早速、スローながらも声かけしていく。

だがなかなか言葉の銛(もり)が魚群に刺さらない。
むずかしい。

畢竟ふたりとも、この日はお持ち帰りや連れ出しはおろかキスもハグも無く終わる。

私としては、おもえば何カ月ぶりかのクラブであるしこんなものだろうと感じていたが、クラブをずっと主戦場とし継続して結果を出しているUddy氏はそうではなかったようで、ひじょうに口惜しがっていた。

彼を慰めつつも同時に、やはりこうでなければ、このくやしさが次なるたたかいへのエネルギーとなるのだと敬意を感じる。

もちろん、クラブでは諦観に尽きたとはいえ私もくやしかったのだ。

最初のパブで、タイプのA子にアプローチできなかったことが。実に悔やまれる。

反省点としては、やはり狙ったお魚からは決して目を離してはいけない・また、そのうちチャンスは来るだろうと悠然と構えていてはいけない。

好球必打・即断即決。
お声かけは電撃的に、だ。

是が非でもこれを次にいかさんと。


ああそれにしても、、、

A子にLINE打診すらできんかったなんて、


おれのアホ!NOROMAが!!



うぐ、

ぐぐぐ、

ぐやぢひよう〜(T_T)
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 12:19| Comment(6) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

某日艶画劇場 或いはロードショー

んちゃ!(・o・)ノ

先日、ひっさびさにオールしたっちゃ。
相棒は“中2からナンパしてます”ことOSSANナンパ師界レジェンドのどもんさん。
あいかわらずイタリアの伊達男を彷彿とさせるイカしたルックスの氏、ワタシが女なら秒殺の濡れ濡れだったことでしょう。

***

日付も変わった夜のしじまを突いて、あいにくの雨模様のキタの街をとくに声かけすることも無くぶらぶら。いわゆる地蔵トーク(ナンパ師どうしがナンパせずにただ語り合うこと)が楽しい。

とはいえやはり狩りをしに深夜の街に出ている手前、終電も果ててすっかり目ぼしいターゲットも望み薄なこの街にとどまる理由はもはや絶無。

となれば目指すべき地はただひとつ。眠らない街・ロクデナシどもの集う街、、、ミナミだ。

いざゆかん伏魔殿!

***

さてミナミに来たらばとるべきアクションはふたつ。
真夜中に街を徘徊する悪い娘を路上で拿捕orクラブにひしめくビッチちゃん達とお近づきになるか。

とりあえず肩慣らしに前者を選択し、先ずはどもんさんが得意のドロップアイテム(お姉さん、コレ落としましたよ?と声かけのキッカケに用いるモノ)を手に先陣をきる。
いっぽうのワタクシはもっぱら坊主・傍観者。
げにブランクとは面倒なものなる哉。

そうしてウォーミングアップを済ませた我々が次に向かう先はもちろんクラブ。
当世随一の人気を誇る「シュバル」へ意気揚々と乗り込む。
…はずだった。
が、、、

なんという不運か、よもやの国家権力による、同時多発テロと見まがう一斉ガサ入れ?がこの夜決行されたらしく、一時的に名だたるクラブが営業をこの時STOPしてしまっていた。

街にあふれる、箱から締め出されたクラブ難民たち。
異様な光景である。

しかも雨がしつこく降りそぼり、愉しいはずのナンパ遊びがどうにも盛り上がらない。

詮無くどもんさんとふたり、あても無くこの小汚くも妖艶なミナミの街を逍遥する。

途中で、どもんさんの知己である著名な某ナンパ師のご一行と遭遇したり・まったく見知らぬナンパ師らしき冴えない風采の二人組に話しかけられたり・あるいはまた休憩がてらシャレオツなBARへむくつけき男ふたりで入り再度地蔵トークに花を咲かせたり&あやしいアイリッシュバーでマジメに?ラグビーW杯をガイジンの大男客に囲まれながら観戦したり、,,イレギュラーづくめの一夜が続いて行く。

やがて、冷静沈着などもんさんも酔いがまわってきて「クラブいきてー!」「おっぱい箱キボンヌ!」とかなんとか、野獣化。

しかし私は件のガサ入れでもうすっかりクラブに攻め込む意欲を失っていたので、意気込むどもん氏をたしなめつつ、「ならせめてキタで朝駆けパーナンぶっこきてえ!」という同氏の意向に賛同し夜明けも近い梅田へワープする。

***

人影まばらなキタの街で、数少ないターゲットにロックオンしては果敢にアタックをかけていくどもん氏に触発されて私もぼつぼつおずおずと声かけしていく。

けっきょく釣果はゼロだったけれども、志を一にする仲間とおおいに悪ふざけに打ち興じたことで穏やかなカタルシスを得たようにおもう。

どもん氏、ご同伴いただきまことにあざした!
一子相伝・必殺のドロップアイテムナンパ、ちょっとアレンジを加えて近々マネさせてもらいますね。


以上、久しぶりに夜を徹してナオンのケツを追っかけまわした感想おば。



いや〜〜〜

ナンパってほんっと、いいもんですね!

それでは、、、

さいなら サイナラ SAINARA
(´▽`)ノ



posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

虫の音を酒肴に

某日
仕事帰りにミナミへ、ネトナン物件とのアポ。

いつもどおりやや早めに到着し予約済の一軒目の店から二軒目候補のバーをいくつか下見し、むろんその後のベッドインまでのルートもシュミレーションしながらそこへ繋いでいくトークのシナリオを練っていたその時、テキからのLINEの着信が入る。間もなく待ち合わせ時間だ、道に迷って遅れる類の連絡だろうとチェックすると…


わ!

久々に来ましたよ〜(´▽`)ノ

ドタキャンのお知らせ。


やられた。
いつもより巻いて仕事を済ませ、わざわざこの、あまり好きではないファンキーな街までやって来たというのに。
あほくさ。

もう何度もドタは喰らっているのでいささか慣れているつもりだが、やはりずしりとくる徒労感は否めない。

それでも予約した手前、寸前にキャンセルするのも申し訳ないので独り足どり重く店へ。
すると、、、
予約したのにもかかわらず店の不手際でしばらく立って(狭小ゆえ仕方ないが)待たされる。やれやれ。

某グルメサイトではそこそこ評価も高かったのだが、その後のこちらへの(待たせた事への)対応にも疑問を禁じ得ず、ままある事とはいえネットでの高評価との乖離をリアルにて痛感しつつ、前菜を少々とビール一杯のみでそそくさと退店する。
料理の味は悪くなかっただけに残念であった。

さてこの日はテキを口説き落としてのお泊りか、成らねば放流後街にとどまりソロでストorクラブの選択肢も用意していたのだけれど、、、

まさかのドタキャンでもはやすっかりモチベも消沈し&期待していた店にも失望したことで迷いなく進路は帰りの電車へと向かう。
ここが我ながら情けない・弱いところだ。
いみじくもナンパを志す身ならこの程度の逆境など翻してバネに変え、よりアグレッシブに狩りへと転じて然るべきであろう。

***

我が町に着くとすでに日付は変わっており田舎ゆえ人影も僅か、実にしんとしている。ミナミではこれからがアツくなる時間帯なのだろうが。

憤懣やるかたないのでせめてもの憂さ晴らしにコンビニでもっとも高価格帯のワインを買う。

帰宅後、ひとりたしなむその味は、いつもよりタンニンが強く感じられた。

そんな、渋い秋の夜。コオロギがひかえめに鳴いていた。

posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

書けること・書けないこと

書けること。

某日 神戸

ネトナン物件とランチアポ。
他県出身のJD。服装や雰囲気に垢ぬけぬ感は否めないが、好みの薄顔でじゅうぶんに可食レヴェル、なにしろ内外に滲み出る若さが欠点をナイスカバーしている。

そんな、ハタチそこそこのおぼこいコムスメとリアルに白昼堂々デート。
かような愚行、ナンパをしてなければ味わえますまい…その善悪の審判は別としても。

***

今回の店は、小娘にはまだ不相応な小粋なレストラン。リーズナブルかつファンタスティックな、まことに素晴らしいコースに舌づつみを打ちつつ語りあう。
最初はずいぶん、緊張していたテキもグラスのなかの氷塊のようにゆっくりと溶解してだんだんと打ち解けていく。
これこそ「はじめまして!」アポの醍醐味かと。

この日は昼ひなかかつ彼女が夕方からバイトだということで酒は無し。また、当初よりギラつく気も無かったため予定通りの健全アポで終了。

しばらく学業に専念するため遊べないらしいがなんとかメール等で繋ぎとめて時機が来たらばうまく釣果に加えたいものだ。

***

書けないこと。

いくら匿名性というヴェールの庇護を受けているとはいえ、、、書けない・書くべきではないことも多々あるわけで、いわんやナンパブログなどという日かげ者の、社会的信用の著しく乏しい分野に於いておや。

その対象は、その内容がおよそ個人や場所を特定できるか否か・他者の名誉や権利になんらかのダメージを与えるか否か。あるいはごく私的な理由に依拠するものか。

最終的な判断は著者であり編集・発行(?)全てを担う個々のブロガーに委ねられているわけだが。

私としては、たとえゲットしたとしても―それはナンパブログを嗜む身としては無上の執筆意欲をもたらすモチーフなのだけれど、その相手に対する情といおうか、思い入れの深度によって世に披歴するかどうかの裁定を下しているようにおもう。

実際、ショボ腕の私にもこれまでにその理由により書いてない釣果もある(ごく僅かなものだが)。

これからもその姿勢は変わらないとはおもうけれども、いっぽうではやはりなるべく秘匿は無くしてどしどし書いていけるようにならねばともかんがえる。
軽佻浮薄なる男女のまじわりこそがナンパの本道と定義するのならば。

しかしながら、ブログを始めた当初はそう意気込んでいたのだが今は若干そのベクトルもおおいにブレてしまっており、いささか“青い”指向性といおうか…赤面を禁じ得ない類のモノをナンパという手段の先にもとめているところがあって、もはや
じゃんじゃんビッチどもをゲットしてバシバシ記事UP!目指せスゴ腕!!遅咲きヤリティン\(^O^)/
などと猪突猛進・軽薄短小・肉食定食なノリでは無くなっているので、そういうテンションを期待されている向きには不満極まる・しょーもない内容が今後も続くとはおもうがどうかご容赦されたし。

もっとも、もともと二束三文そのものの駄文であるから遠慮なく唾棄されてもどうということはない。
それでも懲りずに遅々たる頻度で更新していく所存ゆえ、ド暇で奇特な読者諸賢(ド失礼!)これからもよろしゅう☆

では股(・o・)ノ
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 15:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする