2015年09月20日

ヘタレ腐った秋の夜

こんにちは。

長月も半ば。過ごしやすい季節になりました。夕焼けのうつくしさも日増しに深みを帯び、そしてまた、人恋しさも募ることひとしおの、滴るほどのペーソスを含んだこの時候・この秋。
街へ、狩りに出たい気持ちを抑える事にも苦労するいわゆるシルバーウィークの序盤。

怠惰に昼酒でものみながらぼんやりと昨夜のアポを振り返ってみましょう。

***

三宮にて。
先月のカフェパーティで知り合った子と仕事帰りにディナー。

正直、テンションの高揚はあまりなかった。なぜなら、あまりタイプではなかったから。
それでも、辛うじて抱きたい水準には達していた記憶があったため、この日もあわよくば…というよりギラつく気満々でその際のシナリオもしっかり準備して臨む。

だが、、、
待ち合わせ場所に現れたテキを一目見て自分の記憶力のアバウトさに内心呪詛を吐いた。

通常なら誘う事はおろか声もかけないであろう風貌の彼女を前に、いわゆるクラブマジック(=酔いと暗がり&轟音の魔法で相手が数段可愛く見えること)に似た現象があのパーティ会場で起きたとでもいうのだろうか。
軽いめまいを覚えつつ、しかしもう店は押さえてあるし、この期に及んで敵前逃亡するわけにもいかない。

「なんてこった、、、帰りたい(泣)」

不思議なものだ。
タイプな子とのアポとそうでない子とのそれとの間に在るこの、厳然たる差・絶望的な違い。
同じ女性相手なのに。
目的は同じ…飲みかつ食べ・語り合って仲を深めること。にもかかわらず、まさに天と地ほどにかけ離れたこのテンションの高低差はなんなのか。

残念、ただただ残念。
その一言に尽きよう。

***

この日チョイスした店は、某グルメサイトでも評価の高い・予約必須の人気店だったため今後のアポのための下見ができたのは良かった。
収穫と言えばそれだけ。

もちろん相手がどうあれ、わざわざ時間をつくって会っていただいたわけで、とりあえず失礼の無いよう(表面上は)楽しそうに和やかに振る舞う事をこころがけ、だが無論ギラつきはせずごく健全に飲食しこの一軒のみで解散する。

用意していたシナリオは、炭火の上に滴る肉汁の如く煙と消えたのだった。

しかしこのとき、まだ終電には遠い時刻であり、せっかくの連休真っただ中の繁華街である。
ナンパのひとつもせずにひとり帰途につくのはMOTTAINAI。


To be or not to be...


暫時迷った末、連勤で疲れているから…というまことに情けないエクスキューズに乗っかってそのまま駅に直行してしまう。

仕事と・残念なアポの疲労感よりも深い慙愧の念を背負って電車に揺られた或る秋の夜であった。
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

ネトナン即

某日
ネットでしばらくやりとりを交わしていた物件と仕事終わりに初アポ。

とあるバーで待ち合わせ。
先に入店しひとり飲む。
良い感じにほろ酔った頃相手が現れる。

ややメンヘラぎみのアラサー女子。
可愛くはないが細身で可食レヴェル。

酒は強くないという。
だがここはバー。しかもなかなかに雰囲気の良いオーセンティックなお店、アルコールを頼まないのは野暮の骨頂というものだ。

ちびりちびりと飲み交わしながら身の上話→恋愛トーク→エロネタ挿入、と教科書どおりのルーチンをトレースしていく。

ほどよく酔いもまわった時機を見計らってチェックを済ませ外へ。

涼やかな、秋を感じさせる爽やかな夜だった。

まだ夜も遅くなく、またちょうどいい塩梅に閑散とした公園が目に入ったので、酔い覚ましがてら休んでいこ、とかなんとかベンチにふたり座る。

敵は本当に酒が弱いようですっかり酔ってしまっている様子。
きわめて自然に肩を抱き、腕や髪を愛撫しているうちにお互い高まってきてキスをする。

こうなるともう最後まで!とホテルを打診したが近場にそれが無く相手も「遠いから」とグダったので代替案にカラオケを持ち出すと「それなら、、」

タクシーを拾いワンメーターでカラオケIN。

むろん、歌など一曲もうたわない。
気がつけば互いに唇をむさぼりあい・服を脱いで交わっていた。

だけれども、、、

イケない。

ならばとクチでしてもらったが、ダメ。

結局あきらめて退店しそのまま解散する。

***

その後、こちらからは連絡する気は毛頭無かったが向こうも同じだったようでめでたく?一夜限りの関係は幕を閉じた。


今回おもったこと。

やはり、タイプじゃない子とはエッチしても気持ち良くない。なにしろイクことすらできないのだ。

世のナンパ師には質より量を追い求めている方も少なくないようだが、私はどうやらその逆かもしれない。

量より質。

百人の好みでない女性とのSEXより、ひとりのストライクな子とこそ交わりたい。

どちらも難しい事ではあるが。

これからも好まざる相手と場合によっては関係を結ぶことになるかもしれないけれども、あくまで目指すのは自分が抱きたいとおもう子とのSEX。

ブレることなく理想を(手ごわいのは承知のうえで)今後も追い求めていきたい。
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

出会いパーティ参加&パブ突入!の巻

某日。
“ナニワのスタローン”ことナンパ界屈指の肉体美を誇るuddyさんと出会いパーティへ。
いつもは大阪を主戦場としている私だが今回は会場が地元・神戸ということで参加者の女の子も兵庫県内の子が多くこれはいささかアドバンテージになろう。

やはり大阪だとどうしてもアウェー感を禁じ得ないので地の利を活かすためにももっと地元でアクションを起こすべきなのだろうが、いかんせん大阪の方が“戦場”にも獲物にも圧倒的にめぐまれているので軸足はどうしてもそちら寄りになってしまう。

ならばいっそ大阪に引っ越せばよいのだろうけれども、、、

だが。
これは言い訳というもの。
デキる人はいわゆる遠征が常でもきっちり結果を残している。

とはいえ神戸も決してド田舎というほど過疎っているわけではないし、仕事帰りなどにサクッと一軒!みたいなノリで活動するのはやぶさかではなかろう。

じょじょに秋めいて暑さという障壁が低く薄くなっていく時候―職場から家への直行直帰の日々にすこし変化をつけるには良い日和だ。
明日からはフットワークを加速させて街に出る回数をふやしていこうとおもう。


閑話休題。

とあるカフェのランチタイムという、極めて健全なシチュエーションでパーティSTART。

最初は勝手が掴めず戸惑っていた我々だが、そこは腐っても鯛、否、亀の甲より年の巧。ダテにナンパ道でしごかれてきているわけじゃない!
景気づけに傍に居た三人組にテキトークを発射する。
そこそこ和んでLINE交換。

その後も数組にATTACKをかけほどほどの釣果を得る。

***

パーティ終了後、会場を後にする際に同じく帰途につきつつある参加者(パーティ中は接触せず)二人組に声かけ。
意外にも和む事に成功し、二次会のノリで某カフェバーにてしばし会話を楽しんだ。

***

二次会解散後、まだ戦いを終えるにはあまりに早い時間だったのでとりあえずガールハントを継続するべく一路大阪へ。

けれども、、梅田の地下街にてしばらく渉猟するもビビって尾行どまり・声かけあたわず。

その後、陽も傾いできてぼちぼち酒場に男女が集い始める時刻になったのでおずおずと某アイリッシュパブへ。

しかし入店時は客もまばらでめぼしいターゲットもいなかったので移動することに。

次なる狩り場は一軒目と同じ系列のパブ。

こちらも当初は時間的に盛り上がる時間には遠かったので暫時様子見を余儀なくされていたが、まもなくちらほら声かけが散見されるようになる。

それでも、なんだかんだ選り好みや言い訳をして地蔵していた我々だったが、手ごろな獲物二人組(=あまり可愛くないEASY物件)が現れたので玉砕ウェルカムの心境でアプローチ。

予想通り容易く和むことに成功する。

その後、相方のuddyさんの仲間であるチャマさんという方が加わり男3女2でトーク続行。
このチャマさん、初対面だったがそこは志を一にする者どうし、すんなり打ち解ける。

が、、、
ナンパの腕じたいはチャマさんのほうが数段上回っており、たちまちに戦況は彼の独壇場と化した。

なんだかしんどくなったのと3対2ではバランスがよろしくないようにおもわれた私は、トイレに行くついでに単身無断で戦線を離脱してしまう。

我ながらいつもの悪い癖だが、、、これを克服する術をいまだ会得できぬ以上はどうしようもない。
チャマさん・uddyさん、スンマセンm(__)m

***

離脱後、従来のパターンだとこのまま我が家へ逃げ帰るところなのだが、まだ夜も早かった事に加え何となくこの日は街が浮ついているような気がして、つまりは狩りに可能性を感じたためソロでストすることに。

しかし、何度か尾行するもやはり臆病風を打ち払うことができず地蔵に果てる。

そうしているとuddyさんからLINEが届く。

有難いことに私を気遣ってか彼も戦線を退いたとのことで、ならばふたたび懺悔の邂逅を果たさん、と再度この日一軒目にチョイスしたパブへ移動し再合流する。

この時には店もそこそこの盛り上がりを見せており、我々も鈍い足どりながら声をかけていくものの和むまでには至らない。

そのうちこれまたuddyさんの知己であるニシコリさんが参入されトリオで闘うことに。

このニシコリさんとはいままで何度かご相伴させてもらっていたのだが、そのアグレッシブさたるやまさに日本が誇るテニプリ=錦織圭。手当たり次第に果敢にサーブを打ちまくるのである。

この日も同様で、強力な援軍を得た我々は臆することなくガシガシ声をかけていった。

そのうち、ナウでヤングなベイベー二人組を拿捕することに成功する。

ナウなヤングな子猫ちゃん。しかも、ブサイクではないレヴェル。
左様、まさに私が渇望しているカテゴリの獲物だ。いやがおうにもテンションはHIGHに。

順調に和み・LINE交換を済ました頃、私ひとり終電の時間が来たので退店。

翌日、その後店に残った四人で仲良く過ごした事を知り、ちょっぴり寂しさと口惜しさを覚えた。
このあたり私の器量の小さいところであろう。
なんとも女々しく恥ずかしい欠点か。
今後すみやかに改善せねばなるまい、むろんそれは容易な事ではないけれども。

***

こうして久々にナンパに明け暮れた一日が終わった。
ほどよい気疲れと・今回ゲットしたいくつかの連絡先からの返信に一喜一憂しつつ飲む酒は、決してネットナンパでは味わえない生々しくも艶めかしいフレーヴァーに満ちていた。

やはり、出なければ。
街に、盛り場に。

虎穴に入らずんば虎子を得ず、だ。

来週も出ようと思う。
スマホをバッグの底にしまって。

posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 05:10| Comment(4) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

街に出なくなって

おひさしゅー(・o・)ノ

もう八月も、夏も終わりですねえ。

結局、今夏はネット以外での活動はしなかった。

まことに単調な・淡白な日々でした。

そこでたわむれに、アラフォーのくせに、ナンパでの美女ゲット!などというきわめて青臭い志をいまだに捨てきれない男が街にナンパに出なくなってから約三カ月の間にどうなったか。テキトーかつ端的に書いてみます。

@太った!
…そりゃそうだ。週末はおおむね冷房のきいた部屋でごろごろ。おもむろに、シコシコ。食っちゃ寝&飲んで、ネットナンパに耽ってりゃね。

それに比べるとストリートナンパって実際に足を使うし気力もそれなりに要る。意外とエネルギー食うんです。ほんと、消耗する。
このブログのタイトル通り、いいダイエットになるんですよ。

今さらながら、、、
ナンパの本道はやはりストリートにあり。また、クラブナンパも体を張って(しかも基本オールで)やるという意味でそこに含めていいでしょう。
その伝でいうとネットナンパは邪道ということになりましょうか。

Aますますチキンになった!

先日、久々にナンパ仲間と純粋に飲みに行った後、やっぱなんにもしないで解散というのはあり得ない(?)のでこれまたひっさびさに某アイリッシュ風パブをのぞきにいったんですが、、、
コッチコチの地蔵(=まったく女性と喋れないこと)でした(・・;)

まあもともとほとんど喋れないチキンやったんですが、以前にも増して“病状”が悪化しているのを痛感した次第です。

後日。
今度は仕事帰りにとある繁華街へ所用で寄ったついでにリハビリがてら「ソロでストってみっか!」とほんの暫時、夕飯どきの街を徘徊しまして。

結果は言わずもがな、地蔵完遂です。

やはりブランクがあると鈍っていくいっぽうですね。
もっとも、元来鈍るほど鋭利だったわけではないけれど。


とりあえずの結論と致しましては、先ず痩せねばなりますまい。
次に、ふたたび場数を踏んでブランクを埋め・勘を(あったのか)再生していく。
そのためには何をすべきか。

I know…
つまり、こういうことです。

ネットを捨てよ、町へ出よう。

ぼちぼち、リブートの秋へ。
いざ!
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

ここんとこ

どーも(・o・)ノ

夏もいよいよ真っ盛り。巷間では男女のさまざまな交わりもひときわ熱を帯びているところでしょう。

が。
いっぽうでは、春夏秋冬あいもかわらず異性とのコンタクト皆無絶無な・ある意味まことに清廉清潔な暮らしを送っている(または送らざるを得ない)人々も生息しているのもたしか。

不肖わたくしも後者のひとり。
むろん依然としてリビドーの炎は静かに・ひそやかに燃え続けてはいるのですが。。。

「エッチがしたい、もっともっとMOTTO…
街を行きかう美女たちと、ひと夏でも一夜限りでもいい。
メイク・ラヴしまくりたい!!」

そんな心のさけびとは裏腹に、望まざる清廉清潔な日々は熱波とともに西から東へ通り過ぎてゆくのでした。

今宵もだらだらと酒をのみながら、だらだらとあてのないネットナンパに耽ることでしょう。


嗚呼、夏なんてきらいだ。
なぜにこんなに艶めかしく熱情激しいのか!畜生!

だいすきな夏に、、、
乾杯!乾杯!!カンパーイ(T▽T)ノ□


では股!みなさま、めいっぱいエロエロな夏をエンジョイしてくださいね☆
アディオス(´▽`)ノ
posted by 酒崎“むぎ”麦太郎 at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする